最近のトラックバック

« 紅葉と青空 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」を聴きながら »

2005/11/06

さよなら、エポニーヌ

本田美奈子が帝劇のミュージカルに出演、と聞いた時
(しかも、「ミス・サイゴン」の主役だった)
正直言って、「は?」と思った。
私のイメージでは、彼女はアイドル歌手でしかなかったし、
それ以上でもそれ以下でもなかったから。
もう「アイドル」という年でもなかったし、
ミュージカルといっても話題作りなんだろうな、と。

それから数年。
観たい観たいと思っていた「レ・ミゼラブル」を観た。
お目当てのエポニーヌ役は、本田美奈子。
「チェッ、島田歌穂じゃないのか」とブツブツ言ってしまう。

ところが。
歌のテクニックがどうとか、そんなことはわからないけど。
本田美奈子のエポニーヌは悪くなかった。
ソロ・ナンバー「オン・マイ・オウン」。
そして、死の間際のマリウスとのデュエット。
不覚にも、涙がにじんだ。
やるじゃん、本田美奈子。

白血病というニュースを聞いたけど、
治る人だってたくさんいるんだから、と思っていた。
そして、今日の訃報。
もっともっと、舞台での貴女を観たかった。

細い体からふりしぼるようにして、
けれど澄んだ歌声を響かせていた姿が、
今でも忘れられない。

・・・ご冥福をお祈りします。

« 紅葉と青空 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」を聴きながら »

コメント

まゆさん、こんばんは。私もミスサイゴンでは「は?」と思った一人です。そしてきっと復帰されるのであろうと思っていました。とても残念です。ちっちゃい体から出るエネルギッシュな歌声を私も聴いてみたかったです。もう10何年も前ですが私も「レミゼラブル」見ました。初めてみるミュージカルにただただ圧倒されました。それから余談ですが、ガブローシュが山本耕史君でした。

ゆんゆんさん、「ミス・サイゴン」の主役にはビックリしましたよね。オーディションで・・・と言われても、「???」でした。
でも、ボイストレーニングやら体力作りやら、すごくがんばって、自分をステップアップさせていたんだなあ、と。今さらですが。
エポニーヌは、全く期待しないで観たんですが、予想外によかったです。
「レミゼ」はすばらしいミュージカルですよね。生の舞台は、同じく圧倒されました。ライブ盤CDも、聴くたびに泣いてしまいます。ラストの「民衆の歌」に弱いんです。
山本耕史のガブローシュ!それは、観たかったなあ。私、ガブローシュが死んじゃうとこで号泣しました・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/6929846

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、エポニーヌ:

» えっ! [とんぼの気まぐれ]
歌手の本田美奈子さんが亡くなられたとのニュースを・・・ 彼女がアイドル歌手として [続きを読む]

« 紅葉と青空 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」を聴きながら »