最近のトラックバック

« 「国立」への道のり | トップページ | 停電の昼に »

2006/01/09

あきらめなければ

「よけいなことは考えるな。いつも通りにやれ。
 苦しくても、あきらめるな。
 あきらめたら、可能性はゼロになるぞ

高校時代、初めての公式戦の直前。
緊張してガチガチになっている私に向かって、
同級生が言ってくれた言葉。

 あきらめたら、可能性はゼロになる。

この言葉を、それから何度思い出したことか。
あきらめなければ、可能性はある。
可能性を否定するのは、自分自身なのだ、と。


高校サッカー決勝。
連覇をねらった名門・鹿児島実業をくだして、
滋賀県代表野洲高校が初優勝。
彼らのプレーを見ていて、「あきらめなければ可能性は開ける」と
また教えられたなあと思った。

岩手代表遠野高校は、鹿実の前に力尽きた。
その地力を見せつけられて、鹿実の2連覇は揺るがないと思い込んでいた。
それなのに。

おそらく、野洲の選手たちは、「勝てない」なんて思わなかっただろう。
いける!と思っていたのではないか。
そう思えるだけの技術や練習の裏付けがあったのだろう。
彼らは「王者」に堂々とわたりあった。
そして、勝った。

あきらめなければ・・・と言うのは簡単。
でも、それが真実だと、どれだけの人が信じているだろうか。

あきらめなければ、可能性はある!

私も、もう一度、自分に言い聞かせよう。

« 「国立」への道のり | トップページ | 停電の昼に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/8079617

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめなければ:

« 「国立」への道のり | トップページ | 停電の昼に »