最近のトラックバック

« 直木賞!!! | トップページ | 受験生、ファイト! »

2006/01/19

本を選ぶ

さて、今度はどの本がいいかなあ。

本を貸す相手を思い浮かべながら、本の山の前に座り込む。

同年輩のAさんとは、何度か貸し借りをして、だいぶ傾向がわかってきた。
今度は東野圭吾の初期のミステリでもお貸ししましょう。
それとも、恩田陸「ネクロポリス」か?

20代のBさんには、三浦しをん「格闘する者に○」、金城一紀「GO」を。
意外と感動ものも好きかもしれないので、さだまさし「解夏」も。

重松清好きで、けっこう本を読んでいる上司のCさんには、
宮部みゆき「孤宿の人」を。

あ、そうだ。
途中で挫折した「男たちの大和」は、ノンフィクション好きなDさんに。
読んでもらって、ちょっと解説してもらって、再トライしよう。


本を選ぶのはとても緊張する。
喜んでもらえる本を選びたいから、真剣に考える。
だからこそ、「おもしろかった」と言ってもらえると、とてもうれしい。

山のようにある本(本気で処分しなきゃ)が、
ちょっとでも人の心を潤す役に立てるなら、
本を選ぶことは、全然苦にならないなあと思う、最近の私なのでした。

« 直木賞!!! | トップページ | 受験生、ファイト! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/8236113

この記事へのトラックバック一覧です: 本を選ぶ:

« 直木賞!!! | トップページ | 受験生、ファイト! »