最近のトラックバック

« ありがとう。 | トップページ | 甘えん坊の猫 »

2006/02/19

本を読むタイミング

人の心の弱さとか、醜さとか、悪意とか。
そういうものを描いた本を
2冊続けて読んでしまいました。
内容をあまりわからず読み始めて、
結果として、あらら・・・と。

今回は、なんとかセーフでしたが、
一週間前だったなら、本を放り出していたかも。
(それほど、心身ともにまいっていた)
なんとか読み終えることができて、
そのことにほっとしています。


本を読むタイミングというのはけっこう重要で、
読み手のコンディションで、本に対する印象は、
全く違ってしまったりするもの。
弱っている時に、そこをつつくような話は勘弁してほしいし、
エネルギッシュな時に、静謐な物語はかえってつらい。
でも、こちらの状態が変化すると、
以前はダメだった本でも、おもしろく感じたり。

なので、ああいう本を読みきって、
それなりにおもしろく感じた私は、
どうやらだいぶ復活してきたらしいのです。

久しぶりに実家に帰って、猫に癒されたおかげかな。


とにかく、本を読むにも、心身の体力(あ、変な言葉)が必要。
自分のコンディションをよくわかったうえで、
選書するのがポイントだと思うのです。

« ありがとう。 | トップページ | 甘えん坊の猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/8741333

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読むタイミング:

« ありがとう。 | トップページ | 甘えん坊の猫 »