最近のトラックバック

« 甘えん坊の猫 | トップページ | 記憶の中の町 »

2006/02/21

春の空の色

かなりの時間、パソコンとにらめっこ。
いつもとはまた違う疲れがたまる仕事を終えて、
玄関から一歩外に出た、その時。

暮れ始めた空の山際が、うっすら桜色に色づいていた。

「うわぁ、きれい!」
思わず声をあげると、そばにいた人が
「春の色だな」

ああ、そうだ。
春近い空の色。

  春はあけぼの。
  やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、
  紫だちたる雲の細くたなびきたる。

暗誦させている「枕草子」がふと口をついて出る。
平安の才女も、「春の空の色」を見たに違いない。
明け方じゃなくって、夕暮れ時だけど、
たしかに、春がそこまで来ている。

« 甘えん坊の猫 | トップページ | 記憶の中の町 »

コメント

初めまして。優と申します。
通りがかったら、とってもきれいな流れるような文に惹かれてしまいました。
枕草子って私も暗誦しました。
妹と一緒に冬まで読んだのが懐かしいです。
頭のいい妹は、きっと今でも秋くらいまで暗誦しそう(汗)
また、遊びに来ますね。

優さん、足を止めてくださってありがとうございます。
優さんのブログもちょこっと拝見してきました。

枕草子、もちろん私も中学時代に暗誦しました。
今は、「暗誦させる」側です(^^)
この仕事も楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/8771939

この記事へのトラックバック一覧です: 春の空の色:

« 甘えん坊の猫 | トップページ | 記憶の中の町 »