最近のトラックバック

« 夏風邪 | トップページ | 闘いすんで »

2006/06/14

生涯を捧げる

夏風邪でうなっているときに、
指揮者の岩城宏之氏の訃報を聞く。

入院されたというニュースは聞いていたので、
ああ、とうとう・・・と。

岩城さんの偉大な業績は、
さまざまなメディアで報じられている。
あらためて、すごい方だと実感する。

エッセイは一冊だけ読んだことがある。
「オーケストラの職人たち」(文春文庫)
全然偉ぶらない筆が印象的だった。

最後の入院でも指揮棒を振り続け、
ベートーベンのスコアを読み続け・・・。

ある新聞は、「音楽に生涯を捧げた」と記事を結んだ。
○○に生涯を捧げたと言い切れるほどの、
見事な生き方が、いったい幾人にできるだろうか。

岩城さんは、まさにそういう人だった。

岩城さんの指揮で、ベートーベンを聴いてみたかったです。
ご冥福をお祈りします。

« 夏風邪 | トップページ | 闘いすんで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/10524666

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯を捧げる:

« 夏風邪 | トップページ | 闘いすんで »