最近のトラックバック

« 終わった~\(~o~)/ | トップページ | 本日 私は »

2006/10/17

のだめ

始まりました、「のだめカンタービレ」実写版。

だいたい、私は漫画(二次元)を実写(三次元)にすることに
あまり賛成でないのです。
完全に、無理がある。
漫画でおもしろいものが、ドラマや映画でもおもしろいとは限らない。
表現媒体として、別物だと思うのですよね。

で、おもしろくするために、ストーリーを変える。
そうすると、原作から離れてしまう。
原作ファンには不評をかう・・・というパターン。

だから、「のだめ」もあんまり期待してませんでした。
唯一期待していたのは、漫画に出てくる音楽を、実際に聞けるということ。

しかし、まあ・・・。
かなり、原作に忠実にドラマ化してましたね。
竹中直人のシュトレーゼマンは無理がありましたが。
上野樹里ののだめにはびっくりデス。
よくまあ、あそこまで。
「ぎゃぼ」とか言ってましたね(笑)
ピアノ弾くシーンもそれなりにさまになってたし。
いずれ、マングースの着ぐるみもあり、ですね。きっと。

一方、玉木宏の千秋はちょっと不満・・・。
千秋の「俺サマ」なテイストはちょっと違うんだよなあ。
ピアノのシーンも、無理があったな。
指揮はどうなるんでしょう。

ただ、細かいエピソードや、キャラの外見など、
原作に忠実に・・・という努力は感じました。
ただ、そうすればするほど、映像としては違和感があるのです。
つくづく、「ドラマ化」ってのは難しいんだなあ、と。
アニメ化もされるという話ですが、そちらの方が違和感ないでしょうね、原作ファンには。

ま、次回も見ちゃうと思いますが。
漫画の方はパリ編に入ってだいぶたつので、
日本編の初期のことはもう忘れかけていて、
「ああ、そういえばこんなエピソードあったな」と
なんか、なつかしい気分でもあります。

それに、やっぱりクラシック満載で、聞いているだけで楽しいです。
個人的には、彩子役がはまりすぎてて、笑ってしまいました。

« 終わった~\(~o~)/ | トップページ | 本日 私は »

コメント

 始まりましたね~のだめ。
クラッシックに疎い私は音があるのは嬉しいけれど、玉木宏は違いますよね。もっと若いイメージ…やっぱりⅤ6の岡田君にしてほしかったな。

先日のコナンの実写もイマイチ真一が違うようなきがしまたし(私だけ?)実写は難しいです。

 アニメ化も声優さんのはまりが微妙に違ったりしますもんね。
私はハチクロのはぐちゃんに馴染むのに少し時間がかかりました。Ⅱの最終回の頃には、はまって泣きましたけれど。

まゆさん、紅葉の季節になりましたね。食べ物も美味しい季節でまゆさんもきっと色々味わってらっしゃることだろうなぁと思っています。去年のマツタケのお話羨ましかったです!のだめは私も1話を見て忠実さを感じました。原作との違和感は確かにありますが、クラシック音楽は頭の固い人ばかりがやるものではなく、面白さもあふれているという事がテレビから伝わればいいなぁと思っています。ところで炬燵のシーズンですが(家はいつでも出せる状態にしてます)私、炬燵のエピソードが大好きなのでテレビでもやってくれないかなぁ~。朝晩冷えるのでご自愛くださいね。

three bellsさん、やっぱり漫画って知らず知らずのうちに、自分でイメージつくっているのだなあと実感しました。
でも、月9であそこまで漫画に忠実に・・・というのがすごいですね。スタッフの努力に敬意を表して、次回も見ようと思います。

ゆんゆんさん、今年はこちらはきのこがあまり採れなくて、いつものように茸尽くし・・・とはいかないようです。ちょっと寂しい。
さて、のだめですが、あの調子だと漫画のエピソードはかなり忠実に再現してくれそうですね。こたつのシーンもきっと出てくるのでは。楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/12320297

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ:

« 終わった~\(~o~)/ | トップページ | 本日 私は »