最近のトラックバック

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/28

千秋さま

昨日ののだめ#7は、

 ・R☆Sオケ結成&練習開始
 ・のだめの担当ハリセンになる
 ・黒木くん、のだめにフォーリンラヴ(笑)

といったところ。

で、見終わってから気づいたのですが、
「三善家」のエピソード、カットされてましたね。残念。
のだめと千秋がエルガー弾くところ、好きなんですが。

ハリセンの初レッスンも、「もじゃもじゃ組曲」じゃなく
「おなら体操」になってましたね。なぜ?
しかも、ハリセンに踊らせる・・・?

彩子も先週でフェイドアウトかと思いきや、
ちょこちょこ絡んできてますね。
う~ん。

まあ、R☆Sオケの初コンサートと、
その後ののだめの変化に期待しましょ。
峰と清良がどうなるのかも楽しみだ。

しかし、絶妙なタイミングで、クラシックが使われて、
それに笑ってしまいます・・・。

絶妙といえば、先々週から登場した佐久間。
キャストがミッチーというのは・・・ある意味絶妙では。
原作とはちょっとイメージ違うけど、
自分の世界に入り込むあの妄想度合いがたまりません。


ところで、のだめ占い発見しました。

私は・・・「千秋さま」でした。
悪かったね、「オレさま」な性格で(笑)

2006/11/27

サプライズ・デイ

朝から知らないふりをしていたので、
私も何も言わずにいた。

お昼の時間。
なぜだか彼らはパタパタしていた。
一人が私が来るのを見張っていて「来た来た!」と。
なんだよ、と思ったら。

一歩入ったとたん、歓声と拍手。
「ハッピーバースデイ!」の文字。

この小さなサプライズのために、
朝からずっと知らんぷりをしていたのね。
うれしいなあ。


夕ごはんを作っている時、宅配便がきた。
遠くの街に住む友人からのプレゼント。

包みを開けると出てきたのは、彼女手作りの布。
2種類の布を縫い合わせてリバーシブルにしたもので、
巻スカートにも、肩掛けストールにもできる。

最近お裁縫に凝っている・・・とは聞いていたけど、
まさか、これを縫っているとは思いもしなかった。

布の重みが、暖かい。
泣きたいくらい、うれしい。


心から、ありがとう。

今年の誕生日は、こんなサプライズ・デイ。

2006/11/26

8強

男子バレー、世界選手権で8強に入りました。
これは24年ぶりの快挙なんだそうです。

試合後、インタビューで植田監督、泣いてました。
8強くらいで泣くなよと思うかもしれませんが、
植田さんの気持ちはわかります。
それほど、日本の男子バレーは長いトンネルに入っていたのです。

世界選手権で予選突破もできなくなって。
あげく、オリンピックの出場権すらとれなくなって。
再建・建て直しと何度も言われたけれど、
全ての強化策が次々失敗。
監督も選手も、どんどん入れ替わりました。

特にも、監督人事は難航していたようで。
植田さんが指名されたときには驚きました。
そんなに若い人でいいの?と。
植田さんの現役時代、私は何度かプレーを見ています。
それこそ、男子バレーがどんどん世界に取り残されていった時代。
私のイメージでは「監督」というより、「植田選手」なんです、今でも。

そういう人が男子バレーの建て直しをまかされて、
どれだけ苦しかっただろうなと思います。
テレビで滝に打たれてる映像を再三流してますね。
私はああいうの好きじゃないのですが、
植田さんの姿は、笑えませんでした。
それだけの覚悟で、必死にやってきたはずなので。

たかが8強と言いたい人は言えばいい。
どん底から這い上がって、ここまできたこと、
ほんとによくやったと、私は言いたいです。
正直言って、ここまで勝てると思ってなかったので。
どれもこれもハラハラする試合だけれど、ね。

でも、まだまだ試合は続きます。
ガンバレ、日本!!

2006/11/23

太陽の子

「てだ」は太陽。「ふあ」は子供。

「てだのふあ」は、沖縄の言葉で「太陽の子」という意味。

小学生の時読んだ本で得た知識。
沖縄戦のこととか、自殺とか、
当時の私にとってはあまりに衝撃的な内容で、
夜、寝つけなかったことを覚えている。

灰谷健次郎 「太陽の子」

私に、ものすごく大きな影響を与えてくれた物語です。

小学生の時の出会いがあまりにも強烈だったので、
以来、灰谷さんの作品は避けていました。
大学生の時、友人が「もう一度読んだ方がいい」と言うので、
仕方なく再読しました。
そして、号泣しました。
自分が避けていたものがなんだったのか、わかった気がしました。

それからさらに10年以上たって。
3回目に読んだ時(その時の感想はこちら)。
今ここにいる自分の根っこの部分が、
実はこの物語にあるということに気づきました。
それほどまでに影響を受けていたんだなあ、と。

灰谷健次郎さんのことを、私は詳しく知りません。
ただ、「太陽の子」との出会いが、
私の生き方のある方向性を決めたことは間違いない。
そして。
その物語を書いた方の訃報は、
少なからずショックでした。

「太陽の子」は、あと10年くらいしたら、また読もうと思っています。
私にとって、、一生読み続ける物語です。
そういう物語に出会えたことに感謝しつつ。

灰谷健次郎さんのご冥福をお祈りします・・・。

2006/11/22

吉田さんのおばあちゃん

11月1日放送の「ゆるナビ」に登場した
盛岡の吉田トシさんというおばあちゃん。

毎朝、盛岡の朝市に野菜を売りに行く。
朝市が終わる頃、おじいちゃんが迎えに来る。
今年金婚式を迎えただんなさん。

当時は親同士が相手を決めて、結婚するのが当たり前。
「あそこの娘さんなら」と言われ、結婚したのだとおじいちゃん。
そうして50年。
二人はとっても幸せそう。

次の日の朝市に持っていくほうれん草を採り。
食用菊を採り。
林檎を見て回り。
そうして、二人の一日が繰り返される。
おじいちゃんの引くリヤカーに乗って帰るおばあちゃん。
二人のまとう空気が、自然になじんでいる。
やわらかい、笑顔。

こんなふうに年を重ねられたらいいな、と思った。

2006/11/20

多賀谷彩子の憂鬱

「のだめカンタービレ」 
ついさっき放送された#6は、
 のだめ&千秋 ラフマニノフ連弾(のだめにとっては運命の・・・)
 Sオケ解散飲み会
 R☆Sオケ、いよいよ始動!
というエピソード満載。

真澄ちゃんの卒業演奏がカットされてたのは残念。
「太鼓の達人」にあのシーンをもっていかないでほしかった。

でも、微妙にストーリーを変えてるくせに、
妙なところで原作に忠実なのに笑っちゃいます。
回転寿司とか。

ただ、今回圧倒的に不満だったのは、多賀谷彩子の扱いです。
彩子が落ち込んで立ち直る、あのエピソードがかなり好きなので、
ああいうふうにはしてほしくなかった!
彩子がふっきれるところ、カラオケはないだろ、カラオケは!
口パクでもいいから、「コシ・ファン・トゥッテ」で演ってほしかった!

あれじゃ、千秋もただの嫌なヤツにしか見えない。
彩子の救いになるのが、高校時代の千秋の言葉だというのがポイントなのに。
そして、彩子がのだめの大きな手を見て
「あの男はこーゆーのに弱いのよね・・・」
と言うのも欠かせないのに!
(あれじゃ、千秋はただの変態好きだ!)

さて、菊地くんや黒木くんも登場して、いよいよR☆Sも動き出します。
なかなかイメージに近い感じで、ちょっと期待できそう。
そして、のだめはいよいよハリセンとのバトルが・・・。
のだめのピアノ、ここからが正念場ですね。
楽しみだ。

なんか、私、すっかり「のだめウオッチャー」になってますね(笑)

2006/11/15

球根を植える

花壇に球根を植えました。
赤・白・黄色のチューリップ。
うちの町を象徴する花なので、毎年植えます。

玄関前の一番目立つ場所にある花壇は、
最高学年に、その管理が任されます。
今年は太陽をイメージしたデザインで、
町の「花いっぱいコンクール」で優秀賞もとりました。
その花壇整備の、今年最後のお仕事です。

一番手前に白。
次に黄色を2列。
最も数の多い赤は、その後ろにズラッと。
「寒いよ~」と叫びながら、みんなで植えました。
途中で、空からちらほらと白いものが・・・。

「雪!?」
「雨じゃないよね」
「寒い~!」


来年の春、彼らはもうここにはいません。
でも、彼らが心をこめて植えたチューリップは、
きっときれいな花を咲かせるのでしょう。

2006/11/14

三百年の松

樹齢300年という松を見た。

二本松市の霞ヶ城公園。
菊人形展のざわめきからはちょっと離れた場所で。

洗心亭という茶室でお茶をいただき、
「ぜひ笠松を見ていって」と勧められ。

樹齢300年と聞いて「ほお~」とは思ったけれど、
あまり深く考えていなかった。
でも、300年前と言えば、まだ江戸時代。
ということは、あの松は、あの城跡が「お城」だった頃から
そこにあったわけで・・・。

すごい。

いったい、どれだけの人の営みを見てきたんだろう。

あらためて、その時間の永さに圧倒されてしまった。

雨が降っていたので、ゆっくり見て歩くことができず、残念。
今度は桜の季節に行ってみたいです。

2006/11/13

楽しい音楽の時間デス

私が「月9」を欠かさず見るのは、初めてなんじゃないかと思う。

「のだめカンタービレ」、毎週見てます。
とにかく、好きな音楽が聴けて、笑えて、楽しい。
毎週「楽しい音楽の時間(byミルヒー)」が過ごせるのですから。

先週、Sオケ初コンサートと思ったら、今日はもう学園祭。
Sオケの「ラプソディー・イン・ブルー」と、千秋のラフマニノフ。
これまた大好きなエピソードの回なので、楽しみました。

そして、出ましたねー、のだめマングース。
実際、あの着ぐるみでピアニカって無理がありますね。
「ラプソディー~」、もっと演ってほしかったなあ。
いちおう、聴かせどころはおさえてましたが。
今回のは2曲とも好きなので、とにかくもっと聴いていたかったです。
「いやだな。もうすぐ終わりだ・・・」という千秋の気分。

今回見ていて気づいたこと。
このエピソードって、「千秋が本気で音楽と向き合う」のがテーマだったのですね。
(漫画読んだときに気がつけよ、自分)
千秋がそうすることで、のだめも、ほかの人たちも(佐久間とか・笑)、
「本気」になっていくわけだー。
「ピアノ弾かなきゃ!(byのだめ)」って。

「このままじゃ千秋と一緒にいられませんよ」と言われて愕然とするのだめ。
漫画とはちょっと違う場面設定だったけど、せつないですね、あそこは。

ドラマでは、ニナ・ルッツ音楽祭はカットされるのかな。
清良が「ライジングスター・オケ」始動に動き出しそうですね。
RSオケの演奏も楽しみだし、
日本編でいちばん好きなエピソード「のだめの催眠術」が楽しみ。
私、漫画のあのシーンで泣いちゃったのです・・・。
千秋の涙と、のだめの気持ちがせつなくて。

それから、彩子が落ち込んで、歌をやめようかと思い、
結局、立ち直るところも大好きなのです。
「コシ・ファン・トゥッテ」、原作どおりに演ってくれないかなあ。

それにしても、このドラマ。
微妙に展開を変えながらも、原作のテイストを消さないようにしているのは
見事としかいいようがありません。
でも・・・実写で見ると、千秋ってDV男っぽいですね(笑)

2006/11/12

初雪

今年初めての雪を、裏磐梯で見ました。

紅葉を見ながらドライブ・・・のはすが、山は真っ白。
みんな、あっけにとられてしまいました。

標高があがるにつれて、道路にも雪が積もり、
完全に冬景色。


会津~岩手をバスで移動した今日。
平地でも雨やみぞれが降ったりやんだり。
日が差したかと思うと、土砂降りになったり。
なんとも変な天気でした。

そのおかげで、今日一日で、3つの虹を見ました。
こんなことも、なかなかないです。

そして、岩手も初雪だったみたいです。

2006/11/08

森姫

岩手県の雫石町にある、樹齢約500年のブナの巨木。
通称「森姫」。

樹高28メートル、幹回り5.8メートル。
全国でも十指に入る巨木だという。

その「森姫」が、人知れず最期を迎えていたそうだ。
地上1・5メートルの位置で根元から折れていたという。

500年。
ずうっと、そこにいた「森姫」。
彼女は何を見てきたのだろう。
どれだけの命を育み、森を守ってきたのだろう。
そして、その最期に、何を思っただろう。

森姫の最期は、同時に新しい森の始まりでもあるのだという。
さらに500年後も、ブナの森が守られていますように。

2006/11/07

音楽会の日

昨日の「のだめ」は、とうとうSオケ初コンサート。
漫画よりもさらにパワーアップしてたような(笑)

でも、やっぱり、みんなで何かを創りあげるのって、楽しい。
みんなで「できた!」と思った瞬間の
鳥肌が立つようなあの感じ。

形あるものを作るのも楽しいけれど、
形のないものをつくりあげるのは、
また違った苦労と楽しさがある、と思う。

門外漢の私が合唱に取り組んで5年。
毎年、「やっぱりやめときゃよかった」と後悔する。
それでも、みんなで乗り越えて、発表までこぎつけて、
終わったあとには「やってよかったな」と思う。

今日は、指揮をしているあいだ、本当に幸せだった。
すごく、すごく楽しかった。
そういう瞬間をくれたみんなに、ただ感謝。

少ない人数でも、ものすごく上手い人がいなくても、
みんなでつくりあげたハーモニー。
だからこそ、価値があると私は思う。

あのSオケの面々のように、
みんなが心から楽しんで、一つのものをつくろうと思った今日。
きっと、忘れられない記憶になった。

2006/11/06

永遠の歌声

本田美奈子さんが亡くなったのは、
ちょうど1年前の今日。

その日は参観日で。
白血病で亡くなった少年の話をした直後に、
美奈子さんの訃報を知った。

ここ数日、通勤のBGMは、美奈子さんのCD。
エンジェルヴォイスを聴くのは、まだちょっと悲しいけれど。

本当に歌が好きだったのだ、と。
全身全霊で歌に打ち込んでいたのだ、と。
そんな思いがひしひしと伝わってくる。

彼女の歌声は、永遠。

2006/11/02

はつごおり

今朝はものすごく冷え込んでいました。

最低気温は、ついに氷点下!!
・・・寒いはずだよ。

そして、初氷も観測されたとか。

11月になると、冬がひたひたと近づいてきます。


今年の紅葉は、色合いがイマイチな気がします。
すごく複雑なグラデーションなんだけど、
なんだか華やかさに欠けるのです。
弟いわく「ジャンボ尾崎が着るセーターみたいな色」(笑)

でも、ところどころで、燃えるような赤だけが鮮やか。
ちょっと目を奪われてしまいます。

ところで。
真っ赤なもみじを「イチョウ」だと思ってる子がいてビックリ。
色も、葉っぱの形も全然違うでしょ。
そういうことって、いつどこで覚えるものなのかなあ。

2006/11/01

手紙

手紙が好きだ。

毎日新聞の携帯サイト「日本のスイッチ」で、
「手紙で告白したことがありますか」という質問が。

「はい」と答えた人は33%。
私って、少数派なんだ・・・と、ちょっと驚く。

サクサクと打って送信してしまえるメールは便利なので、
最近は手紙よりも電話よりも、メールを使ってる。

でも、やっぱり、手紙はトクベツ、という気がする。

自分の文字。相手の文字。
手書きのそれは生々しいほどに、「人」を感じさせる。
書いたときの気持ちのありようが、手紙からは伝わってくる。
ちゃんとその人の手を経て、ここまでたどりついたという確かさ。
それは、何物にも代えがたい。

届くまでのもどかしさとか。
返事が来たときのうれしさとか。
言葉を選びに選んで、書き記す緊張感と高揚感。
それは、便箋に一字一字書いていくからこそ味わえる。

手紙を書くことなんて、年に数えるくらいだけれど。
やっぱり、大事にしたい、と思う。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »