最近のトラックバック

« 球根を植える | トップページ | 吉田さんのおばあちゃん »

2006/11/20

多賀谷彩子の憂鬱

「のだめカンタービレ」 
ついさっき放送された#6は、
 のだめ&千秋 ラフマニノフ連弾(のだめにとっては運命の・・・)
 Sオケ解散飲み会
 R☆Sオケ、いよいよ始動!
というエピソード満載。

真澄ちゃんの卒業演奏がカットされてたのは残念。
「太鼓の達人」にあのシーンをもっていかないでほしかった。

でも、微妙にストーリーを変えてるくせに、
妙なところで原作に忠実なのに笑っちゃいます。
回転寿司とか。

ただ、今回圧倒的に不満だったのは、多賀谷彩子の扱いです。
彩子が落ち込んで立ち直る、あのエピソードがかなり好きなので、
ああいうふうにはしてほしくなかった!
彩子がふっきれるところ、カラオケはないだろ、カラオケは!
口パクでもいいから、「コシ・ファン・トゥッテ」で演ってほしかった!

あれじゃ、千秋もただの嫌なヤツにしか見えない。
彩子の救いになるのが、高校時代の千秋の言葉だというのがポイントなのに。
そして、彩子がのだめの大きな手を見て
「あの男はこーゆーのに弱いのよね・・・」
と言うのも欠かせないのに!
(あれじゃ、千秋はただの変態好きだ!)

さて、菊地くんや黒木くんも登場して、いよいよR☆Sも動き出します。
なかなかイメージに近い感じで、ちょっと期待できそう。
そして、のだめはいよいよハリセンとのバトルが・・・。
のだめのピアノ、ここからが正念場ですね。
楽しみだ。

なんか、私、すっかり「のだめウオッチャー」になってますね(笑)

« 球根を植える | トップページ | 吉田さんのおばあちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/12761457

この記事へのトラックバック一覧です: 多賀谷彩子の憂鬱:

« 球根を植える | トップページ | 吉田さんのおばあちゃん »