最近のトラックバック

« 太陽の子 | トップページ | サプライズ・デイ »

2006/11/26

8強

男子バレー、世界選手権で8強に入りました。
これは24年ぶりの快挙なんだそうです。

試合後、インタビューで植田監督、泣いてました。
8強くらいで泣くなよと思うかもしれませんが、
植田さんの気持ちはわかります。
それほど、日本の男子バレーは長いトンネルに入っていたのです。

世界選手権で予選突破もできなくなって。
あげく、オリンピックの出場権すらとれなくなって。
再建・建て直しと何度も言われたけれど、
全ての強化策が次々失敗。
監督も選手も、どんどん入れ替わりました。

特にも、監督人事は難航していたようで。
植田さんが指名されたときには驚きました。
そんなに若い人でいいの?と。
植田さんの現役時代、私は何度かプレーを見ています。
それこそ、男子バレーがどんどん世界に取り残されていった時代。
私のイメージでは「監督」というより、「植田選手」なんです、今でも。

そういう人が男子バレーの建て直しをまかされて、
どれだけ苦しかっただろうなと思います。
テレビで滝に打たれてる映像を再三流してますね。
私はああいうの好きじゃないのですが、
植田さんの姿は、笑えませんでした。
それだけの覚悟で、必死にやってきたはずなので。

たかが8強と言いたい人は言えばいい。
どん底から這い上がって、ここまできたこと、
ほんとによくやったと、私は言いたいです。
正直言って、ここまで勝てると思ってなかったので。
どれもこれもハラハラする試合だけれど、ね。

でも、まだまだ試合は続きます。
ガンバレ、日本!!

« 太陽の子 | トップページ | サプライズ・デイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/12834681

この記事へのトラックバック一覧です: 8強:

« 太陽の子 | トップページ | サプライズ・デイ »