最近のトラックバック

« 初雪 | トップページ | 三百年の松 »

2006/11/13

楽しい音楽の時間デス

私が「月9」を欠かさず見るのは、初めてなんじゃないかと思う。

「のだめカンタービレ」、毎週見てます。
とにかく、好きな音楽が聴けて、笑えて、楽しい。
毎週「楽しい音楽の時間(byミルヒー)」が過ごせるのですから。

先週、Sオケ初コンサートと思ったら、今日はもう学園祭。
Sオケの「ラプソディー・イン・ブルー」と、千秋のラフマニノフ。
これまた大好きなエピソードの回なので、楽しみました。

そして、出ましたねー、のだめマングース。
実際、あの着ぐるみでピアニカって無理がありますね。
「ラプソディー~」、もっと演ってほしかったなあ。
いちおう、聴かせどころはおさえてましたが。
今回のは2曲とも好きなので、とにかくもっと聴いていたかったです。
「いやだな。もうすぐ終わりだ・・・」という千秋の気分。

今回見ていて気づいたこと。
このエピソードって、「千秋が本気で音楽と向き合う」のがテーマだったのですね。
(漫画読んだときに気がつけよ、自分)
千秋がそうすることで、のだめも、ほかの人たちも(佐久間とか・笑)、
「本気」になっていくわけだー。
「ピアノ弾かなきゃ!(byのだめ)」って。

「このままじゃ千秋と一緒にいられませんよ」と言われて愕然とするのだめ。
漫画とはちょっと違う場面設定だったけど、せつないですね、あそこは。

ドラマでは、ニナ・ルッツ音楽祭はカットされるのかな。
清良が「ライジングスター・オケ」始動に動き出しそうですね。
RSオケの演奏も楽しみだし、
日本編でいちばん好きなエピソード「のだめの催眠術」が楽しみ。
私、漫画のあのシーンで泣いちゃったのです・・・。
千秋の涙と、のだめの気持ちがせつなくて。

それから、彩子が落ち込んで、歌をやめようかと思い、
結局、立ち直るところも大好きなのです。
「コシ・ファン・トゥッテ」、原作どおりに演ってくれないかなあ。

それにしても、このドラマ。
微妙に展開を変えながらも、原作のテイストを消さないようにしているのは
見事としかいいようがありません。
でも・・・実写で見ると、千秋ってDV男っぽいですね(笑)

« 初雪 | トップページ | 三百年の松 »

コメント

そう、私も漫画読んでて、「これって主役はチアキ?」って何度も思いました。

前回だけ見たんですが、仕事の都合でいつもは見られなくて。
Sオケの楽器くるりは、漫画より迫力ありましたね。千秋のヘアーメイクさんすごいですよ、あそこまで再現するか!?ってビックリです。「え~(`ε´)玉木~?」って思ってたの「ごめんなさい」って感じでした。
上野樹里ののだめ風ピアノの弾き方も素晴らしい。口とんがる所とかもね。
徐々に益々面白くなってるらしいですね。

で、マングース・・・終わっちゃったですか・・・残念。

あしかさん、昨日、マングースでしたよ!
エンディングでいつも登場してるので、きっとやるんだろうなと思ってましたが、とうとう!!

ストーリー的には、千秋とのだめ、それぞれの成長物語なんだけど、互いに影響受けあって、交互に壁を乗り越えていくところがいいですね。

千秋さまは最初「イメージ違う!」と思いましたが、回を重ねるにつれて、似てきた気がします。
のだめも、上野樹里ちゃんがんばってますね。あそこまでやってくれると思いませんでした。
みんな、だんだん役になじんできた感じで。自然体になってきてるなあという印象です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/12675079

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい音楽の時間デス:

« 初雪 | トップページ | 三百年の松 »