最近のトラックバック

« のだめカンタービレ | トップページ | 2006年 »

2006/12/27

再び「のだめ」

今、「のだめオーケストラ」のCDを聴いています。

ベト7やラプソディー・イン・ブルーはもちろん、
ドラマの中で使われた主な楽曲が収められています。

「カルメン幻想曲」はよいですねー。
オペラのいいとこどりだけあって、印象的な旋律も多いし、
ヴァイオリンの音色は大好きだし。
これを清良が弾いてるところを想像して、うっとり(笑)
原作で一番好きなキャラは、清良なのです。
あの姐御な性格がお気に入り。

ドラマが終わってしまって、「ビデオとっておけば・・・」と激しく後悔。
何気に細かいところにこだわって作っていたので、
たぶん気づかずに見逃してしまったところがあるはず。
あ、大河内が泣いてたのは見たけど(笑)
(ドラマのだめ公式サイトの、大河内コラムが好きでした)

そういえば、クリスマスだったので、
マングースはサンタコスプレしてましたねー。
かわいかった。

続編希望の声が多いようで。
私も続きは見たいですが・・・パリには無理があるかなあ。
あのミルヒー役も、けっこう非難されてしまって、
竹中直人もちょっとへこんだらしいし(笑)
言葉の問題もあるし、演奏も今まで以上のクオリティが求められるし。
千秋のコンクールのウィルトール・オケとか、
常任になるルー・マルレ・オケとか、
日本人で演るわけにいかないしねえ。
数々の難問をクリアできるのならぜひやってほしいですが・・・
無理をして崩壊するのなら、ここでやめといた方が、とも。

パリに行ってから、千秋とのだめの仲が少しずつ進展するのも楽しみですが。
でも、清良と峰はどうなっちゃうのかなー。
ドラマで二人のシーンを見てても、「う~ん。難しいなあ」と思ってしまう。
よけいなお世話だけど。
好きなキャラ同士なので、気になるのでした。
原作では、パリ編になってから二人とも登場しないし。

とにかく、原作漫画はこれからも読み続けマス!

« のだめカンタービレ | トップページ | 2006年 »

コメント

こうして終わってみると、始めは何か違うと思ってみていたのに皆はまり役に思えてきました。
クラッシック知らない私でも、曲と心情がピッタリしていて気持ちよかったです。
1月からのアニメが楽しみです♪

そうなんですよ~。
最初の頃は、特に千秋が許せなくって。
でも、最後の頃は、それなりになじんでしまって。情が移ったというか(笑)ついつい、玉木宏の公式サイトまで見てしまったり(笑)
何より、ミルヒーを違和感なく見てる自分にビックリしちゃいました。
曲をとってもうまく使ってましたよね。有名なクラシックの曲が絶妙なタイミングで入ると、「おお!」ってなってました。
アニメ、岩手でも見られるかな~。夜遅いんですよね?ビデオとろうかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/13227201

この記事へのトラックバック一覧です: 再び「のだめ」:

« のだめカンタービレ | トップページ | 2006年 »