最近のトラックバック

« こぎん刺し | トップページ | コンクール開始! »

2006/12/11

功名が辻

昨日、「功名が辻」最終回でした。

最初の1、2回を見てリタイアしたのですが、
お茶々が登場したあたりからかなあ、
なんとなく見始めました。

山内一豊も、妻の千代も、
個人的には全く興味がないもので。
しかも、浅野ゆう子の寧々とか、舘ひろしの信長とか、
私としては「なんか違う~!」というキャストに耐えられなくて。
それでもまあ、慣れてしまえばなんとかなるものですね(笑)
寧々が秀吉のことを「うちの人」と言うの、なんかよかったです。

以前に戦国時代にはまった時期があって。
その当時、いろんな小説とか史料とか読みました。
信長を中心に、手当たり次第に。
そして、私が得た結論は、「戦国時代は生き残った者の勝ち」。

当たり前のことを・・・と思うかもしれませんが、
人に後ろ指をさされても、「日和見」「裏切り」と陰口を叩かれても、
それでも生き延びるというのは、往生際が悪いし、何よりかっこ悪い。
華々しく散った方がよほどいいと思えます。
でも、「死んだら負け」なのです。
実際、戦国時代を生き延びた武将は、往生際が悪い(笑)
「二君に見えず」なんて、ありえない。
かっこ悪くても、とにかく生きる。家を守る。
そういうタフさが、戦国の勝ち組なわけで。

山内一豊も勝ち組の一人ですが、
彼なりの苦悩とか、わりと丁寧に描こうとしていたなと思います。
そういう意味では、「戦が嫌い」という千代の視点で話が進むのは正解だったかも。

ただ、ドラマでは、「土佐二十万石が本当の功名だったのか」というのがテーマだったそうで。
おかげで、千代と一豊のラブラブぶりは、最後まで続きました(笑)

しかし、大河ドラマというのは、特殊ですね。
一年かけて一人の人物の生涯を演じきるというのは、
映画でも普通のドラマでもありえない。
主役の役者さんって、初回と最終回で、全く顔つきが変わります。
「新選組!」の慎吾ちゃんも、「義経」のタッキーも。
そして、今回、仲間由紀恵もそうでした。

ところで、「功名が辻」にも、玉木宏が出ていたのですよね。
「のだめ」の千秋とは雰囲気違ってて、最初は気づきませんでした。
というわけで、今日もこれから「のだめ」です。
玉木宏、二日連チャン・・・。

« こぎん刺し | トップページ | コンクール開始! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/13029385

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻:

« こぎん刺し | トップページ | コンクール開始! »