最近のトラックバック

« バンザ~イ!! | トップページ | 風邪をひいた時に »

2007/01/09

箱根駅伝

今年の箱根駅伝は、力入りました!

理由 その1
 三浦しをん「風が強く吹いている」を読んだおかげで、
 駅伝熱がやたら高まっていたから。

理由 その2
 地元出身の東洋大1年釜石慶太選手が
 5区にエントリーされていたから。

というわけで、早起きして(というほどの時間でもないか)
スタートから、ちゃんと見たわけです。往路は。

で、一番の山場は、文字通り5区の山登り区間でした。
順大の今井選手、すごすぎる!
彼だけ全く違うエンジンがついてるんじゃないかってくらい、
他の追随を許さない走りでしたね。
戦国駅伝と言われた今年、順大が完全優勝をなしとげたのは、
やはり今井選手の力が大きかったと思います。
もちろん、彼一人ではどうにもならないわけで、
他の選手も、つきそいも、皆きっちり仕事をしたということですね。

一方、注目していた釜石選手。
全国高校駅伝では区間賞もとった期待のルーキーは、
残念ながら力を発揮できませんでした。
たすきをもらった時点では2位だったのに、
ゴールした時には10位。
低体温症と脱水症状を起こしていて、ゴールに倒れこみました。
復路で東洋大が持ち直したことを思えば、
5区のブレーキは、返す返すも悔しかったと思います。


釜石選手が中学生の頃、その走りを何度か見ています。
小柄なんだけど、圧倒的に速くて、
地区大会なんかじゃ、「一人別格」でした。
彼が高校でも活躍して、いずれは箱根を走ってくれたら・・・。
そんな夢を見ていたのです、私たちは。
それが叶って、どれだけ嬉しかったことか。

そして、来年以降も、釜石君の走る姿を、また箱根で見たいと思います。
今年の悔しさは、ぜひ、来年の箱根で晴らしてください!


しかし。
気合入りまくりの今年の箱根だったのに、
復路の方は、具合が悪くてろくに見られませんでした。
悔しい・・・。
せっかく、早稲田が久々にシード権を獲得したのに!
(そうさ、私は早稲田ファン!)

ただ、今回の中継でちょっと嫌だなーと思ったのは。
9区→10区のところで、「たすきがつながらない」瞬間を、
明らかに狙っていたこと、です。
確かに、そこにはドラマが展開するけれど、
いかにもそれをあてこんだような中継の仕方は
「なんか違うんじゃないの?」と思いました。
特に、渡せなかった9区のランナーを、いつまでもカメラで追うのはやめようよ。


 「長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにかわかるか」
 「速い、ですか?」
 「いいや。『強い』だよ」
      
              (三浦しをん「風が強く吹いている」より)

この言葉をかみしめながら見た、今年の箱根でした。 

     

« バンザ~イ!! | トップページ | 風邪をひいた時に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/13404462

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝:

« バンザ~イ!! | トップページ | 風邪をひいた時に »