最近のトラックバック

« ペコちゃん・・・ | トップページ | 銀平、がんばれ! »

2007/01/28

生む機械?

「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」

柳沢伯夫厚生労働相のこの発言。
バカじゃないの?と思いました。
生む機械?装置?
「機械と言うのは何だけど」って、じゃあ、何なの?

私は出産経験はないので、偉そうなことは言えませんが。
でも、厚労相という立場にいる人の発言だと思うと、
あまりの意識の低さにめまいがします。

お産って、命がけなんだということ。
母親も赤ちゃんも。
人ひとりの命を、この世に生み出すのって、そんなに簡単なことじゃない。
だから、「機械」だなんて言われたくない。
どうしてそういうことがわからないんでしょう。
自分の奥さんのことも、そんなふうに思ってるのかな。


「花のあすか組!」という漫画の、あるエピソードです。

自殺未遂で入院した主人公が、
病院で知り合った妊婦さんの出産に立ち会わせてもらう。
苦しんで苦しんで「命」を生み出す姿を見て、
主人公は涙を流しながら思う。
  「命は簡単に生まれてこない。
   なら、命は簡単に消えちゃいけない。」

人のことを「生む機械」なんて言う人は、
命の重さも理解できないんじゃないでしょうか。

« ペコちゃん・・・ | トップページ | 銀平、がんばれ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/13692334

この記事へのトラックバック一覧です: 生む機械?:

« ペコちゃん・・・ | トップページ | 銀平、がんばれ! »