最近のトラックバック

« 春は名のみの・・・ | トップページ | 「華麗なる一族」最終回 »

2007/03/18

F1開幕!

F1 2007シーズン開幕!
初戦・オーストラリアGPは、フェラーリのライコネンのポール・トゥ・ウイン。
ライコネンは、マクラーレンから移籍しての初勝利。
フェラーリは、帝王・シューマッハ引退後の勝利で、
マシン性能をアピールできたわけで。

M.シューマッハがフェラーリに移籍してからの数年。
F1を見るたびにワクワクした。

私はウイリアム時代のシューは、あまり好きじゃなかった。
あまりに正確にラップを刻み、確実に勝つというのが。
「勝って当たり前」というのは、つまらない。

そのシューが、「跳ね馬」フェラーリに移籍。
当時は、フェラーリはマシントラブルの連続で、
アレジなんか全然乗りこなせなくて、えらい目に遭っていた。
果たして、シューは暴れ馬を乗りこなせるのか?

実際、最初は全然うまくいかなかった。
ポテンシャルは高いけれど、安定性の悪いエンジン。
繰り返すトラブル、トラブル、トラブル!
あのシューマッハにして、リタイヤの連続。

その暴れ馬が、本来の力を生かせるようになったのはいつからだったか。
開発スタッフと、現場のクルーと、ドライバーとが、
試行錯誤を繰り返し、暴れ馬は甦ったのだ。
その過程は、見ているだけでワクワクした。
一戦ごとに、確実に向上しているマシン。
一糸乱れぬピットクルーの流れるような作業。
そして、マシンのポテンシャルを最大限に引き出し、コントロールするドライバー。
フェラーリの時代の再来!
そして、シューマッハは真の帝王になった。

正直言って、「跳ね馬」が安定してからは、ちょっと興味を失ってしまったけど。
でも、シューのすごさは実感した。
性能のいいマシンで勝つだけでなく、
いいマシンを作り上げてしまったドライバー。
そんなことができる人が、どれくらいいるのだろう。

2007シーズン。
帝王不在は寂しいけれど、新しい力の台頭を楽しみにしている。

« 春は名のみの・・・ | トップページ | 「華麗なる一族」最終回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/14303298

この記事へのトラックバック一覧です: F1開幕!:

« 春は名のみの・・・ | トップページ | 「華麗なる一族」最終回 »