最近のトラックバック

« 風邪をひきました | トップページ | がんばろう。 »

2007/04/17

専大北上野球部解散

西武からの金銭供与が問題になっていた専大北上高校の野球部が解散した。

高野連が除籍処分も匂わせていたから、
事実上「野球部を存続」させるための唯一の手段だったのだろう。
その是非を問う気はない。

ただ。
今、専大北上に在籍する生徒たちは、
永遠に甲子園に行けないわけだよね。
というか、挑戦する権利もなくなったわけだ。

岩手では数少ない私立高校で、
「野球をやるために」そこを選んだ子たちもたくさんいると思う。
その子たちの夢は断たれてしまった。

一生懸命やってダメだったなら、納得できる日も来るかもしれない。
でも、こういう状態で夢をあきらめるのって・・・。

なんというか。
私たち大人が、もっとしっかりしないと。
特にも、指導者という立場にいるならば、子どもたちの夢を摘み取ってしまうようなことはすべきじゃない。
たぶん、今回のことは氷山の一角で、似たようなことはどこでもやっている・・・と誰もが言う。
私も、そう思う。
でも、それが当たり前の世の中って、やっぱり歪んでいる。

世の中がキレイゴトだけでできているとは思ってない。
でも、大人の責任って、子どもたちを守ることだと思う。
現実の厳しさを教えつつも、希望をもたせてやることだと思う。

「大人の責任」。
私たちは、もっと真剣に考えなきゃいけないんじゃないのかな。

« 風邪をひきました | トップページ | がんばろう。 »

コメント

大人の責任。本当にそう思います。
彼等ひとりひとりの人生をもう少しきちんと重く考えてあげるべきですよね。
今一年、終わらせたらいいとか、責任がこれで取れたとか、そういうことじゃないんですよね。

ほんとにほんとにそう思います。

あしかさん、今回のこういう処置をとったことで、たぶん、野球部はいずれ復活して(今は「同好会」)、学校の名前は守られるわけですよ。
でも、「今」高校にいる子達の「甲子園に行きたい」という夢は、断たれるんですよね。
まったく、大人の都合で。
今回、ニュースを見ていて腹が立ったのは、
学校関係者から「今目の前にいる子達」をなんとか救おう、守ろう、彼らに道を開かねばという熱意を全く感じなかったこと、でした。
そして、そういう大人を見て育った彼らが、将来どんな大人になるんだろう・・・と思うと。
専大北上のことだけじゃなくって。
やっぱり、大人としてちゃんとしなきゃなと思うこと、たくさんありますよね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/14716389

この記事へのトラックバック一覧です: 専大北上野球部解散:

« 風邪をひきました | トップページ | がんばろう。 »