最近のトラックバック

« 桜咲く | トップページ | 花・花・花 »

2007/05/06

八重桜の話

八重桜は、ほかの桜から遅れて咲く。
だからこそ、鳥や虫もみんな八重桜のところに来てくれる。

そんなふうに、ゆっくりと、
自分のペースで生きていければいいのだよ、と。

ちょっとトロい孫娘を励ますために、
おじいちゃんが書いたお話。
たしか、わかつきめぐみ「So What?」に出てきた。


八重桜はあまり好きじゃなかった。
濃いピンクの色も、ぼってりとした花も、
茶色っぽいあの葉の色も、いとわしく思っていた。
桜のもつすっきりとした美しさや儚さとは無縁だったから。

でも、その漫画を読んでから、
ほかの桜に遅れて咲く八重桜が、なんとなくいとしくなった。
あの厚ぼったい花びらが、不器用そうに見えたりして。
ふと話しかけたくなる。
遅れてもいいよ、あなたをちゃんと見てるよ、と。


みんなと同じ・・・ということが、とても大切なことのように思ってしまうけれど。
同じじゃなくてもいいこともある。
八重桜を見ると、そう思う。

みんなと同じ。普通に。

そんな呪縛にも似た言葉に囚われず、
自分のペースで、とことこと歩いていけたらいい。

« 桜咲く | トップページ | 花・花・花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/14977009

この記事へのトラックバック一覧です: 八重桜の話:

« 桜咲く | トップページ | 花・花・花 »