最近のトラックバック

« ガチャーン | トップページ | やっぱり猫が好き »

2007/07/10

耳の世界

自動車の騒音はないにこしたことはない。
ハイブリッド・カーでは、低速域ではかなり静か。

ところが、それがとても困るのだという。

視覚障害をもつ人たちは、「音」で情報を得るため、
音のしない車は、危険きわまりないのだ。


音の出る歩行者用信号は、大きな交差点によくある。

それは、あまり意味のないことなのだという。

人通りの多い、大きな交差点では、
人の行き来の気配や車の音で、赤か青かはわかるそうだ。
むしろ、田舎の小さな交差点の方が、わからない。
そういうところにこそ、音の出る信号機をつけてほしい、と。


目で受け取る情報が少ない代わり、
耳で・・・音や気配、自分の体にあたる風などから、
いろんな情報を受け取っている。
夏と、雪に覆われる冬とでは、
反響してくる音も全く違うんだよ。
ふだん、「目」を使ってる人には、想像できないでしょ。


・・・そういう話を、視覚に障害をもつ人の口から聞いて、
目の前に、自分の知らない世界が、開けた。

知らなければならないことは、たくさんある。

« ガチャーン | トップページ | やっぱり猫が好き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/15717498

この記事へのトラックバック一覧です: 耳の世界:

« ガチャーン | トップページ | やっぱり猫が好き »