最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/28

「陽炎の辻」続編決定!!

「陽炎の辻」の続編が、9月から放送されるそうです!!

  \(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

また山本耕史くんの着流し姿が見られます。

今度は土曜夜7時30分になるらしいです。
楽しみ楽しみ♪


昨日も山本耕史につられて「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を見てしまいました。
やっぱり、レスリングのシーンは微妙だわ・・・。

せっかく演技力のある耕史くんをキャスティングしたのだから、
それなりに見せ場をつくってほしい・・・とファンは思うのですけどね。
1年前の「華麗なる一族」の銀平は、それなりに見所がありましたが。
コメディの「佐々木夫妻~」に期待しすぎちゃいかんでしょうかね。

2008/01/25

早すぎる

元大洋の加藤博一さんが亡くなりました。
56歳。早すぎる死でした。

みんなに愛され、記憶に残る選手だったと思います。

今朝のテレビで見た告別式の様子。
「スーパーカートリオ」の一角だった高木豊が「涙が止まらないよ・・・」と泣いているのを見て、思わずもらい泣きしてしまいました。


もらい泣きしたのには、理由があります。
先日、私の同級生が亡くなりました。
40歳。あまりに早すぎる死です。
突然のことで、まだ実感がありません。

訃報を聞いてから、いろんなことを思い出しています。
高校の3年間、同じ部活で苦楽をともにしました。
たぶん、「苦」の方が多かったと思います。
それなのに、不思議なくらい、思い出すのは笑顔ばかりです。
優しい人でした。
でも、しっかりとした強さをもった人でした。

もう彼とは会えないのだなと思うと、
どうしようもなく寂しいです。

2008/01/23

火曜日の山本耕史

昨日、つけっぱなしのテレビをふと見たら、

「ああっ!山本耕史だ~!!」

でも、なんで火曜日の22時過ぎに?
この時間、何かドラマがあったっけ?と思ったら。

「リンカーン」の、さま~ずの大竹の演技力をはかる・・・みたいな企画。
そこで遣われたドラマに、耕史くんが出ていたのでした。
なんでそんなのに出てるの・・・。

要は、「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の番宣なのですよね。
去年の「華麗なる一族」の時は、TBSはキムタク一色でしたが。
今回、ゴロちゃんもバラエティなんかにも出てますが、
耕史くんもけっこう番宣にかりだされてるみたいで。

山本耕史を見られるのはうれしいけど、
ちょっと複雑な気分です(苦笑)

2008/01/21

日曜日の山本耕史

昨日の「世界ウルルン滞在記」は、山本耕史の回。
これは絶対見なければ!と思い、
疲れてものすごく眠かったけどがんばって起きてました。

で、「ウルルン」が始まるまで、
なんとなく「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を見てたら。
山本耕史が出てるじゃないですか~。ビックリ!
全くノーチェックのドラマだったので(苦笑)

しかし、あれってどうなんでしょう。
稲垣吾郎の友人役なんだけど、
二人でレスリングしてるシーンって、微妙だった・・・。
これからも見るかどうかは迷ってます。
でも、山本耕史見たさに見てしまうかも(笑)
去年のこの時期も、そんなことを言いながら「華麗なる一族」を見たんだった・・・。
同じ枠のドラマじゃないか。


さて、お目当ての「ウルルン」。
一心不乱にギターを作る耕史君がかわいかった♪
ギターに触っているときの彼は、
ほんとに少年のような表情になりますね~。

ホストファミリーのパパ(ギター作りの名人)とママも、
すごくあたたかくていい人たち。
別れ際の耕史君の表情が、なんともいえなかった。
すごく密度の濃い1週間だったのでしょうね~。
1時間の番組では物足りなかったです。
もっともっと見たかった。

それから、ギターと出会った当時・・・
「レ・ミゼラブル」でガブローシュを演ってた頃の写真!
10歳の耕史君、かわいかった~。

日曜の夜、山本耕史を堪能いたしました(笑)

2008/01/16

第138回直木賞

決まりました!

桜庭一樹「私の男」が受賞です!

思わず「おお~!」と声をあげてしまいました。
こんなに早く受賞するとは!


なんてえらそうに言ってますが、「私の男」は未読。
「赤朽葉家の伝説」しか読んだことがありません。
が、これ一冊で、じゅうぶん魅了されてしまったのです。
物語を紡ぐのが、とても巧みな作家さんだなあ、と。

やはり、好きな作家さんが受賞するとうれしいです。
これで、桜庭さんの本が、図書館にドドッと入らないかなあ。

しかし、あらためて今回の候補者を見てびっくり。
黒川博行とか馳星周とか・・・今さら?って感じですよね。
(東野圭吾もそうだったけど・・・)

2008/01/15

バブルへGO!!

先日、テレビでやっていたのを、なんとなく見てました。

これが意外にもおもしろかった~。
でも、きっと、あれをおもしろいと思うのは、
「バブル」を知ってる世代ですね。

あのバブルの頃、ワタクシは「女子大生」でした。
そう、あの時代を我が世の春と謳歌していた女子大生です(笑)
しかし、私自身は地味~な生活してたので、
当時も「バブル?何それ?」って感じでしたね。
ただ、現在のような就職難は経験してないので・・・
たしかに、バブルの恩恵にあずかった世代ではあります。

映画を見ていて、ストーリーそのものよりも、
今と当時とのいろんな「違い」がおもしろかった。
ボディコンとか今では考えられないですよね~。
一番印象的だったのは、ケータイ。
たしかに、当時は考えられない。
すごく短い時間で、一気に普及したアイテムなんですね。
私もケータイ使い始めて8年ちょっと。
今ではケータイがない生活は考えられない・・・。
学生時代は寮生活だったので、電話には苦労したっけ。
そんなことももう忘れてるんですよねえ。

しかし、バブルっていったい何だったんだろう?
ほんとに不思議な時代でしたね~。

2008/01/14

真冬日に

今日も寒い寒い真冬日でした。

いい天気だったので、てれてれとドライブして、
小岩井農場に行ってきました。

真冬の小岩井農場は、なんにもありません。
人でにぎわう夏が嘘のよう。
羊館で、もこもこの羊ちゃんたちを見てきました。
まだ子供の羊たちがかわいかった♪

辺りは一面の雪。
雪の道をギュッギュッと踏みしめて歩きながら、
「こういう感触も久しぶりだね」と。
空気がキンキンに冷たくて、でもそれが気持ちいい。

遠くには真っ白な岩手山。Photo
日中は晴れていたので、すばらしく美しく見えていたけど、
この写真は夕方で、もう雲がかかってきてます。残念ながら。

とーっても寒かったけど、心地よい一日でした。

2008/01/13

寒~い(>_<)

今日の最高気温は、-5℃だったらしいです。

最低気温じゃないです。
最高気温です。
たしかに、13時ごろ、道路の気温表示は「-6」でした。

明日の予想最高気温は-1℃・・・という天気予報を見て、
「ああ、少しは暖かいな」と思ってしまいました。
暖かくないから(苦笑)

北国とはいえ、岩手ではこんな厳しい寒さは年に数えるほどしかありません。
さすがにつらいものがあります。
道路も凍っていて怖いです。

うちのにゃんこは、あったかい家の中でぬくぬくしてるけど、
こちらはそうもいきません。
せいぜいあったかくして出かけることにします。

2008/01/11

バグダッドに雪

降ったそうですよ。
なんと、100年ぶりとか。

たしかに、中東に雪って・・・びっくりですよね。
さすがに積雪にはならなかったようですが。

イラクの人たちの中には、これを「希望のしるし」ととらえている人たちもいるそうで。
こんな珍しい現象が起きたら、不吉なものととらえてもよさそうなものですが。
それだけ治安が悪化していて、先行きが不安だってことなんでしょうね。

北国に生まれ育った者には、雪なんて珍しくもないですが。
そういえば、「沖縄(うちなー)に降る雪」という歌があって、漠然と聞いていたのですが。
考えてみたら、沖縄に雪は降らないですよね。

冬に沖縄に行ったとき、暑くて日中は半袖で過ごしてましたが、
夜、買い物に行った国際通りのお店のお姉さんに
「夜はストーブつけてますよ」と言われて、本当にびっくり。
感覚ってこんなに違うんだなあと思ったものです。

初めて雪を見たバグダッドの人たちは、
どんな気持ちだったんでしょうね。

2008/01/09

「篤姫」スタート

待望の「篤姫」がスタートしました。

原作が好きだし、主演の宮崎あおいちゃんが好きだし。
これは見ずばなるまい!と意気込んで初回を見ました。

なまじ原作を読んでいるので、
「む、これは原作にはない!」
とか、つい厳しく見てしまうのですが、
概ねさわやかで、生き生きしていてよかったと思います。

ただ、初回はまだまだ顔見せっぽい雰囲気なので、
これからどうなっていくか、ですね。
あおいちゃんも瑛太も若いのですが、
1年演じていく中でどう深みが出てくるかが楽しみ。
大河って、1年(50回)も演じるので、
最初と最後とでは全然雰囲気変わりますからね。

キャストで気になっていたのは、篤姫の夫・将軍家定は誰が演じるのか?ということだったのですが。
堺雅人さんでしたね~。
これはなかなかうまいキャスティング!
まあ、当分は薩摩編が続くでしょうから、
堺さんはたまにしか見られないでしょうけど。

2008/01/07

怒った!

うちのアコは、わりとのんびりした性格です。
もっとはっきり言えば、ボーっとしてます(笑)

予告なしにかみついてくることをのぞけば、
いたって温厚で、扱いやすい子ではあります。

アコ「だって、アコたんおりこうさんなの~」Photo_2

はいはい。
ところが、そのおりこうアコちゃんが・・・。

先日のこと。
アコは、母に抱っこをねだっておりました。
「にぁ」と鳴き続けるアコを、母は無視。
すると、アコはいきなり、母の脚に力いっぱいタックル!!

そして、「フン!」という感じで去っていきました。

日ごろ温厚なアコちゃんが激怒するの、初めて見ました~。
もう、母と二人で大爆笑してしまいました。

アコ「こんなおりこうさんを無視するなんて、お母さん、ダメなのっ!」Dvc00025

うーん、お母さんは、無視したらどうするか、反応を見たかったらしいぞ。
しかし、「ゴツッ」て音がするほどタックルするなんて・・・。
たぶん、痛かったでしょ?アコちゃん(笑)

2008/01/06

のだめカンタービレinヨーロッパ

本当にパリ編もドラマ化されましたね~。
2夜連続、しっかり見てしまいました。

正直言って、やっぱり苦しかったかなあ。
言葉の問題とかはまあ妥協するとしても、
ストーリー展開として、無理やり詰め込みました!って感じは否めなかったかな。

千秋サイド、のだめサイド、それぞれに見せ場をつくって、
それぞれの成長を追って、二人のラヴも・・・という狙いはわかるんですが。
私は原作を読んでいるのでついていけましたが、
ドラマだけの人にはわかりづらかったのでは?
いっそ峰たちのシーンをカットしてもよかったのに・・・。

やっぱり、以前のドラマから時間が経過してるので、
玉木くんも樹里ちゃんも、微妙に変わりましたね。
以前ほどキャラにフィットしてる感がなかったような。
あ、でも、のだめと千秋の派手な痴話げんかは、
漫画の通りで笑ってしまいました。

ベッキーのターニャは意外といけたかも。
本来、ターニャはロシア系なので、雰囲気違うと思うけど。
「趣味悪い」「ギャル」な感じは出てましたよね。
黒木君とのやりとりもよかったし。

ゆうこもよかったです、あの高飛車な感じが。
ただ、ジャンは違うだろ~と思ったけど(笑)
片平がアリキリの石井というのは意外なキャストだったけど、
けっこうよかったですね~。

それにしても、千秋ものだめもよく泣いてたなー。
漫画ではたまに涙を見せるくらいなので、
そこにはちょっと違和感を感じるのですが・・・。
玉木君の指揮、うまくなってましたね。
ちょっと力入りすぎだったけど。

ま、文句言いつつ見てしまったんですが。
千秋が無事「変態の森」にたどりついたとこまで。
でも、これでラストかな。
この後をドラマ化するのは、ストーリー的にもキャスト的にも無理があると思うので。
私としては、ここで打ち止めにしてほしいです。

2008/01/04

箱根駅伝2008

 祝!!早稲田往路優勝!!

なんて言ってますが、往路は途中までしか見てません。
一番見たかった5区の山登り。
残念ながら見られませんでした(その頃同窓会に行ってた)。

地元出身ということで、ずっと応援してる釜石慶太選手(東洋大)。
去年は5区で大ブレーキを起こしたので、今年こそは!と。
でも、今年もなかなか厳しかったみたいですね。
来年に期待します。
釜石君、ガンバレ!

そして、信じられない(失礼)早稲田の往路優勝!
「嘘でしょう!?」って感じでした。
毎年「山」で順位を落としていたので・・・。
まさか山登りで逆転1位とは!

復路では駒大の総合力に負けましたが、それでも2位。
早稲田がここまで走ってくれるなんて、うれしいかぎりです。
竹沢が坐骨神経痛と聞いて、「ああ、今年も・・・」と悲しい気持ちになっていたのですが。

しかし、今年は途中棄権が多くて、他人事ながらショックでした。
走れなくなった選手はもちろん、棄権の決断を下す監督もつらいだろうし。
棄権を聞いた時のチームメイトの涙がね・・・。
なんと過酷な競技なんだろうと思います。

来年は、全チームが最後まで走りきれますように。

2008/01/03

あけましておめでとうございます

年末は心身ともに絶不調でしたが、
今はすっかり元気になりました。

さて、この正月休み。
私のトピックスは同窓会でした。
なんと、25年ぶり!!四半世紀ですよ。

ずーっと会ってなかった人もたくさんいて、
最初はどうなることか不安でしたが、
会ってしまうと、一気に時間が戻るのが不思議でした。

でも、あまりにも変わってしまって、誰が誰やら。
特に男性陣は、おそろしいほど変わってしまっていて、
「あんた、誰!?」の世界。

司会がしゃべっていても、「カンパーイ!」なんてやってて、
恩師に「あんたたちはそういう学年だった・・・」とあきれられ(苦笑)

あっというまに中学生に戻って、みんなで盛り上がり、
あっというまに時間が過ぎた一日でした。

しかし、その席上、足をくじいた人がいて。
痛そうだなあと思っていたら、なんと骨折してたそうです。
何のために厄払いしたんだよ~、と、みんなあきれておりました。

そんな2008年のスタートです。
みなさま、今年もよろしくお願いします♪

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »