最近のトラックバック

« 真冬日に | トップページ | 第138回直木賞 »

2008/01/15

バブルへGO!!

先日、テレビでやっていたのを、なんとなく見てました。

これが意外にもおもしろかった~。
でも、きっと、あれをおもしろいと思うのは、
「バブル」を知ってる世代ですね。

あのバブルの頃、ワタクシは「女子大生」でした。
そう、あの時代を我が世の春と謳歌していた女子大生です(笑)
しかし、私自身は地味~な生活してたので、
当時も「バブル?何それ?」って感じでしたね。
ただ、現在のような就職難は経験してないので・・・
たしかに、バブルの恩恵にあずかった世代ではあります。

映画を見ていて、ストーリーそのものよりも、
今と当時とのいろんな「違い」がおもしろかった。
ボディコンとか今では考えられないですよね~。
一番印象的だったのは、ケータイ。
たしかに、当時は考えられない。
すごく短い時間で、一気に普及したアイテムなんですね。
私もケータイ使い始めて8年ちょっと。
今ではケータイがない生活は考えられない・・・。
学生時代は寮生活だったので、電話には苦労したっけ。
そんなことももう忘れてるんですよねえ。

しかし、バブルっていったい何だったんだろう?
ほんとに不思議な時代でしたね~。

« 真冬日に | トップページ | 第138回直木賞 »

コメント

テレビで放映してましたが、途中で寝てしまいました・・・
前日の「チャーリーとチョコレート工場」も寝てしまい、とっても後悔しています。
私もバブル世代なので、楽しめそうですね。録画してあるので、観てみようと思います。

EKKOさん、たまたまテレビつけっぱなしにしてて、なんとな~く最後まで見ちゃいました。
他愛ない話なんですけどね。
でもやっぱり、バブルって客観的に見ると、妙な時代でしたね~。

そうそう、当時を知っている人の方がこれは楽しめる内容ですよね!ストーリー云々じゃなく・・

私も学生時代寮だったので、携帯がどんなに欲しかったことか!寮内の公衆電話に毎日長蛇の列でしたよ~

でもあの当時の携帯は恐ろしく大きくて変なビジネスマンが方からしょってて、しかもやたら高かったんですよね~(泣)

hitoさん、そうそう、当時の携帯電話って、普通の人が持つものじゃなかったですよね。こんなふうに小型になって、いろんな機能がついて、普及するなんて、想像できなかったです。

寮の公衆電話は、毎日争奪戦でした。長電話してると白い目で見られるし・・・。今はそんなことないんだろうなあ。

考えてみると、世の中激変してますねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/17705395

この記事へのトラックバック一覧です: バブルへGO!!:

» 「デジャヴ」「バブルへGO!」「UDON」 [あしか祭り]
私も見ました!思ってたよりも面白かったです。広末さんの芸者姿がなにより美人であらためてびっくりでした。劇団一人のバブリー大学生姿が、「まさに!」居そうな感じで(〃^∇^)o_彡☆わはは~楽しみました。... [続きを読む]

» 「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」 [日々のつぶやき]
監督:馬場康夫 出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり 「同棲相手の残した借金で追われている真弓は、母真理子の死に落ち込んでいた。そこに突然現われた下川路が、お母さんは死んだのではなく日本を救いに過去へタイムトリップした... [続きを読む]

« 真冬日に | トップページ | 第138回直木賞 »