最近のトラックバック

« 篤姫「婚礼の夜」 | トップページ | ツツジ »

2008/05/21

山の生命

最近、食卓に山菜がのぼらない日はない。

とっくに仕事をリタイヤした父が、暇にまかせて毎日山からあれこれ採ってくるのだ。

口に入れると、湯がいたとは思えぬほど強烈な味と香りがする。
それはいっそ暴力的とも言えるほどだ。

山の命を食べているのだ、と思う。
山の恵みに生かされているのだ、と思う。

子供の頃は苦手だった山菜は、今は私の大好物だ。
独特の苦味や癖のある味が、山の生命力そのもののような気がする。

« 篤姫「婚礼の夜」 | トップページ | ツツジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の生命:

« 篤姫「婚礼の夜」 | トップページ | ツツジ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ