最近のトラックバック

« くるりん♪ | トップページ | 連休が~ »

2008/05/04

篤姫「斉彬の密命」

薩摩へ帰った尚五郎は、小松家のお近と祝言をあげる。
一方、江戸の篤姫は、大地震でだめになった婚礼支度を再度整え、
いよいよ江戸城入りが決まる。
そして、斉彬は、篤姫にある使命を与えるのだった。


尚五郎さん、結婚しちゃいましたね・・・。
今回はなんと言っても、この話題でしょう。

この時代、武士の結婚は、恋愛感情とか無関係で、
とにかく家の存続が第一なわけです。
小松家は、一所持ちの中でも家老にもなれる名家。
それが絶えることは、あってはならない。
一方、尚五郎は、肝付家の三男坊。
同じ一所持ちとはいえ、家格はやや落ち、しかも部屋住みの身。
小松家の婿に・・・というのは、願ってもない良縁なわけです。
小松家でも、以前から行き来があり、
しかも殿の覚えもめでたい尚五郎なら、否やはないわけで。
両家が納得したなら(しかも、今回は殿の肝いり)、
この婚礼に、何の問題もないのです。
当事者の意志なんて、関係ありません。

だから、ドラマのように、お近が尚五郎のもとを訪れて、
「縁談を断ってください」
なんてことは、本来有り得ないんですが。
でも、このシーンはよかったですねえ。
7つも年下の尚五郎をにくからず思っていたお近は、
彼の乗り気でない様子に傷ついたのでしょうね。
尚五郎が篤姫を好きでたまらないことは知っているのだし。
女のほうから縁談を断るということは考えられなかった時代。
だからこそ、尚五郎の方から・・・と思いつめちゃったのでしょう。

尚五郎にしても、この縁談に不足があるわけでなく、
お近のことを今まであまり女性として意識していなかったから、
とまどっていたのですよね。
あくまで「先生の妹」であり、尚五郎は篤姫しか見ていなかったのですから。
だけど、初めて一人の女性としてのお近と向き合い、
素直に「この人を守ろう」と思えたのでしょうね。
篤姫は手が届かない存在になってしまったけど、
今、目の前に、自分が手を差し伸べられる人がいる・・・と気づいて。

婚礼の席に、大久保や有馬たちが駆けつけるシーンもよかったです。
ほんと、この二人には幸せになってほしいです。
篤姫の結婚生活が、必ずしも幸せだとは言えない分。


斉彬の密命とは、将軍継嗣に関わるもの。
篤姫はその命を果たすことを約束して、江戸城へと旅立ちます。
いよいよ、大奥です。

« くるりん♪ | トップページ | 連休が~ »

コメント

私ともさかさん、すごく好きで昔から彼女のドラマというだけで見たりするのですが、今回は篤姫に肩入れしてるらしく、お近さんがまり魅力的に映らないんですよね~

我ながら、ちょっとびっくりです。

私はともさかさんのお近はけっこう好きです。というか、この回と前回くらいしか見せ場がなかったですが。
もう少し出番が増えないかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/41108795

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「斉彬の密命」:

« くるりん♪ | トップページ | 連休が~ »