最近のトラックバック

« 篤姫「天璋院篤姫」 | トップページ | 大丈夫です »

2008/07/23

「書く」ということ

あさのあつこ「復讐プランナー」を読んだ。
いじめにあっている中学生が、復讐計画をノートに書き付ける、という話。
すごく暗そうに聞こえるけど、そんなことはない。
書いているうちに自分や周りを客観視できるし、冷静になってきて、余裕が生まれるのだ。

この感じは、すごくわかる。
私は本を読むのと同じくらい書くことが好きで、小学生の頃から今に至るまで、こうして「書いて」いる。
それは日記だったり、手紙だったり、物語だったり、さまざまなのだけど。
気持ちがどうにも落ち着かない時、何か書いているうちに、すぅっと視界が広がるような、頭の熱が冷えていくような気持ちになることがある。
書くという作業は、いやでも自分と向き合うから、だろう。
だから、書くのがしんどくてたまらない時もあるけれど。

プライド高くて、自意識過剰な少女だった私には、「書く」ことは、自分を安定させるために必要なことだったのかもしれない。
そして、それは今でも。
週末しかパソコンが使えなくて、携帯で更新するのはめんどくさい…と言いつつ、こうしてブログを続けているのが、その証拠だろう。

« 篤姫「天璋院篤姫」 | トップページ | 大丈夫です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/41949752

この記事へのトラックバック一覧です: 「書く」ということ:

« 篤姫「天璋院篤姫」 | トップページ | 大丈夫です »