最近のトラックバック

« 陽炎の辻2「再びの夏」「姉妹」 | トップページ | 陽炎の辻2「心残り」「白鶴の宴」 »

2008/09/23

篤姫「姑の心 嫁の心」

朝廷には長州藩が取り入り、攘夷の気運はますます高まる。
幕府にも再び勅使が訪れ、攘夷の実行を迫る。
将軍家茂は、自ら上洛し、帝と話し合うことを決意。
将軍上洛はさまざまな波紋を巻き起こす。
特にも、和宮は家茂の身を案じ反対するが、上洛の後押しをしたのが篤姫だと知り、強く反発するのだった。


ちょっと忙しくしていたので、ようやく今日ビデオで見ました。
タイトルから、もっと嫁姑のバトルを想像していましたが、それほどではなかったですね。
しかし、最後で決裂しちゃったな…という感じでしたが。
どちらがいい悪いじゃなくて、どっちの気持ちもわかるんですよね。
夫が危険な地に赴くのを喜ぶ妻はいないし、行くなと言ってしまうのもわかる。
幕府を、国を支える者の責任を背負い、大局を見ているからこそ、こうすべきだと信じる篤姫の気持ちもわかる。
なんだか複雑な気分でした。


そんな中で、帯刀・お近夫婦の姿は、見ているとほっとします。
旦那さんが家に帰ってきて安らげる…そういうのっていいなぁと思います。

さて、時代のうねりはさらに大きくなってきました。
勝海舟と坂本龍馬の運命の出会いがあったり。
そういえば、勝と篤姫のやりとりはおかしかったです。
どうしてもシリアスな場面が多くなりがちですが、少しは息抜きできるところがあると、ほっとします。

次回は薩英戦争です。
家老になった帯刀にとって、最初の難局です。

« 陽炎の辻2「再びの夏」「姉妹」 | トップページ | 陽炎の辻2「心残り」「白鶴の宴」 »

コメント

私、今回初めて和宮を見ました。

なんか・・・変だった・・・
かつら が、やけに似合わない子じゃないですか?

あしかさん、堀北真希ちゃんは現代的な顔立ちなので、おすべらかしはイマイチ…ですよね。私はだいぶ見慣れてきましたが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42566377

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「姑の心 嫁の心」:

« 陽炎の辻2「再びの夏」「姉妹」 | トップページ | 陽炎の辻2「心残り」「白鶴の宴」 »