最近のトラックバック

« もうすぐです | トップページ | 最後の その2 »

2008/10/29

最後の

今日は独身最後のお仕事の日でした。明日からお休みをいただきます。
休む間の分の仕事をこなして、バタバタした一日でした。

母が専業主婦なせいか、仕事というものにあまり執着がなく、いずれ結婚でもしたらやめたい…と思っていました。
しかし、いつの間にか仕事のおもしろさを覚えてしまい。
ある同僚に結婚することを伝えた時、「仕事やめないよね?」と言われ、ああ、そんな選択肢もあったのね…と。
結婚退職なんて考えもしなかった自分に、ひどく驚いたのでした。

名字は変わるけど、私は私です。
何より、相方は同業者として共感かつ尊敬できる人なので。
この仕事はまだまだ頑張っていくつもりです。

« もうすぐです | トップページ | 最後の その2 »

コメント

まゆさん(毎晩おっかけみたいで、すみませんsweat01)しみじみしますね~。

私の結婚前夜は、実家に親戚がおしかけ(いや、親戚を招いて)どんちゃんしてました。両親が淋しくないようにという配慮だったんだろうな~と今になって思います。だから、恒例の三つ指ついてご挨拶なんかもしてません。まだまだ迷惑かけると思ったし(実際そうだったし…)。でも今となれば、形だけでも言えばよかったと。なんか、忘れ物した気分で…

相手の方も先生なのですね。仕事のことも理解しあえるのがいいですね。何より尊敬できるっていうのがとてもいいです。
幸せにならなきゃね…wink

なぎさん、こうしてコメントいただけるのがありがたいですよ。

家事が苦手な私は、専業主婦歴40年以上の母に、「これからが大変なんだから」と毎日おどされて、ブルーになっています。

しかし、今日もふだんと代わり映えのしない夜です。ほんとに明日引っ越すんでしょうかね(苦笑)

なぎさんの言葉にどっきりです。私もそっけなく実家から出てきたのです。そんなことしたら、号泣してしまいそうで、決断が鈍りそうで、その当時披露宴ではやっていた?「手紙の朗読」もパス!
今思えばそれなりの意味があったのではと、思わずにはいられませんね。

「結婚退職」に関しては、21世紀では「絶滅危惧種」に近いと思います。私自身今は「専業主婦」ですが、息子には「もうあなたの時代には専業主婦なんて、ありえないよ」と言っておきました。

ほっそさん、引っ越しました。
が、セレモニー的なことはなんにもしてません。どうせしょっちゅう行くしな…と。
でも、猫とお別れするときは、泣きそうになりました。最近、猫が何かを察したかのように、私にまとわりついてたんですよ。もう猫と一緒に昼寝することもないんだな〜と思ったら…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42946009

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の:

« もうすぐです | トップページ | 最後の その2 »