最近のトラックバック

« 篤姫「薩長同盟」 | トップページ | 篤姫「息子の死」 »

2008/10/25

陽炎の辻2「雷鳴」

おこんの見合いは見事に失敗。
おこんがあっさり蹴ってしまったのだ。
磐音の父が豊後関前から江戸にやってきた。
磐音は父の出迎えにおこんを伴い…。


磐音とおこん、一気にいい感じですね。
第1シリーズの時より、おこんがしっとりいい感じになっていて、あまり拒否反応はなくなってきましたが。奈緒のことを考えると、複雑な気分です。今ちょうど、磐音が必死に奈緒を追っているあたりの原作を読んでるので。
でも、仕方ないんですよね…。

一方、関前藩の不正の動きと、磐音排除の動きはいっそう激しくなってきました。
次回、ひと波乱ありそうですね。

« 篤姫「薩長同盟」 | トップページ | 篤姫「息子の死」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42901665

この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻2「雷鳴」:

« 篤姫「薩長同盟」 | トップページ | 篤姫「息子の死」 »