最近のトラックバック

« 篤姫「薩摩燃ゆ」 | トップページ | マリッジ・ブルー »

2008/10/05

篤姫「息子の出陣」

長州藩が御所に突入を企てた。
世に言う蛤御門の変である。
帯刀率いる薩摩藩は、幕府軍として御所の守備に当たった。
一方、大奥は、和宮懐妊の報に沸き返っていた。
篤姫も祝いの品を準備して駆けつけ、和宮も快くそれを受け入れる。
しかし、懐妊は間違いだったとわかり…。


まず、帯刀さん。
とうとうお琴さんと出会っちゃいましたね。
お近さんとの間には子供ができず、側室に産ませた子を…というのは知っていたのですが。
お近さんファンの私としては、非常に微妙な感じです。
まぁ、史実だから仕方ないんですが。
あ、お琴だけじゃなく、坂本龍馬との運命の出会いもありましたね。

さて、大奥サイド。
和宮懐妊…という大ニュースが飛び込んできます。
もちろんみんな大喜び。
ところが…という事の顛末。
この一件を通して、篤姫と和宮は女性として心が通い合います。
愛する人の子を抱きたいという思い…それがかなわなかったつらさを共有することで。

しかし、家茂が長州征伐に出陣することを告げた瞬間、穏やかな時間は終わりを告げます。
写真を撮る時、「笑ってくれ。そなたの笑顔を持って出陣したい」と言われ、無理に笑う和宮。
見ていて、なんとも言えない気持ちになりました。
昔の写真は、時間がかかりますよね。
長い時間、無理に笑っていなきゃいけなかったなんて、どれほどつらい時間だっただろう、と…。
っていうか、あんなタイミングで言う家茂くんが悪い!

というわけで、次回、女たちを置き去りに、幕府軍は出立します。
しかし、待っているのは…という、篤姫にはまたつらい展開なのです。

« 篤姫「薩摩燃ゆ」 | トップページ | マリッジ・ブルー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42697600

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「息子の出陣」:

« 篤姫「薩摩燃ゆ」 | トップページ | マリッジ・ブルー »