最近のトラックバック

« 1ヶ月 | トップページ | 篤姫「息子の出陣」 »

2008/10/04

篤姫「薩摩燃ゆ」

家茂上洛。
しかし、攘夷実行不可能との意思を帝には伝えられず、あげく家茂は病に倒れてしまう。
家茂の身を案じる篤姫と和宮だったが、二人の心は通い合わず…。
そして、先の生麦事件がもとで、イギリス軍が薩摩を攻撃。
家老として、陣頭に立つ帯刀だったが…。


篤姫と和宮。
ある意味、似たような人生を歩んだ女性ですが、なかなかわかりあえなかったようで。
今回も気持ちはすれ違ったままです。
ただ、和宮が女性として家茂を愛していた…というのは、史実かどうかはともかく、救いです。
篤姫と家定さんのツーショットにほっとしたのを思い出します。

そういえば、撮影はクランクアップしたらしいですね。
あおいちゃん、サプライズで登場した堺雅人さんを見て号泣したとか。
わかる気がします。
それだけあの二人は真剣勝負だったし、同時に役者として通いあうものがあったのだろうし。

さて、薩英戦争。
当然、薩摩は勝てないわけで。
焦土となった鹿児島で、篤姫との約束を果たせなかったと号泣する帯刀。
グッときました。
帯刀もどんどん大人の男として成長していきますね。
「尚五郎」だった頃とは違います。

しかし、激動の幕末は、まだまだこれから…。
先のことを考えるとドキドキします。

« 1ヶ月 | トップページ | 篤姫「息子の出陣」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42681586

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「薩摩燃ゆ」:

« 1ヶ月 | トップページ | 篤姫「息子の出陣」 »