最近のトラックバック

« 篤姫「息子の死」 | トップページ | もうすぐです »

2008/10/27

篤姫「嫁の決心」

家茂が死に、篤姫と和宮は悲しみにくれる。
さらに和宮が京に帰るとうわさが広がり、大奥は動揺する。
一方、小松帯刀とお琴の間には男児が誕生。お近を悩ませることに。
次期将軍は一橋慶喜となり、いよいよ倒幕の機運が高まるが…。


悲しいですね…。
家茂くんの死がこれほど悲しいとは。
篤姫が泣くたび、和宮が泣くたび、こちらまで…。
しかし、和宮は、母を亡くし、夫を亡くし、兄も…。帝の死に、「私が役目を果たせなかったからか」と泣く姿は、かつての篤姫ともだぶりました。
和宮は江戸に残る決心をしましたが…そうでしたっけ?原作の記憶があやふやで。
でも、最後の篤姫のうれし涙はよかったですね。

一方、帯刀さん。跡取りができたはいいけど…私はお近さんに同情しちゃいます。

さて、時代はとうとう倒幕へ。
それを言い出した大久保に、まだ無役の頃「鬼になる」と誓った表情がだぶりました…。

« 篤姫「息子の死」 | トップページ | もうすぐです »

コメント

家茂の最期はつらかったですね。

でも、今週は和宮との和解がよかったです。和宮はセリフのない表情だけの演技が多かったのですが、ここにきて、ずっと彼女なりに考えてきたのだということがわかりました。篤姫は辛いことの連続でしたが、ここにきて和宮という味方を得たのは、この上なく嬉しかったことでしょう。私もテレビの前で号泣しました。

原作では、和宮は一旦京に帰って、居場所がなくて舞い戻ってきたような…打ち解けたのはまだまだ先のことだったような気がします。(違ってたらごめんなさい!)

来週はいよいよ坂本さんの死。これからは、ますます激動の時代に突入ですね。

なぎさん、歴史の波に翻弄されつつ、愛する人とめぐりあい、その人に先立たれ…篤姫と和宮の生き方には胸打たれるものがあります。自分が今結婚目前だからでしょうか。もし自分だったら…と考えずにはいられません。
いつの時代であっても、どのように生きていくのか…私たちは考えねばなりませんね。

まゆさん!!
もし自分だったら…なんて考えないでcoldsweats02もぉ~

和宮と家茂は歴史的にも素敵なご夫婦だったようですね。お互いに相手を思いやる気持ちはいつも持ち続けていたいですね。

いつの時代であっても、どのように生きていくのか…本当ですね。でも、これからは2人ンだから心強いですよwink
わぁ、でもいよいよですね~。疲れすぎないよう、無理しないよう、穏やかに過ごしてくだいね~。

なぎさん、かつて和宮のお墓?を発掘したとき、写真が出てきたそうですね。一瞬で劣化してしまって、誰のかわからなかったけど、家茂のだったのではないか…と。そうだったらいいなあと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42920834

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「嫁の決心」:

« 篤姫「息子の死」 | トップページ | もうすぐです »