最近のトラックバック

« 陽炎の辻2「親子」 | トップページ | 陽炎の辻2「雷鳴」 »

2008/10/19

篤姫「薩長同盟」

将軍家茂は、長州征伐のために上洛。
篤姫と和宮は複雑な思いで見送る。
一方、蛤御門で敵味方に別れて戦った薩摩と長州は同盟を結び、新たな日本の枠組みを作ろうとしていた。
その中心となったのは、篤姫の友・小松帯刀であった…。


時代がものすごい加速度で動いている…というのが、よくわかります。
そして、篤姫たち幕府方が、いかにその流れに取り残されているかも。

さて、一週間遅れのアップです。すみません。(って、誰に謝ってるんでしょうね)
とにかく、公私ともに忙しくて…。今朝、やっと先週分のビデオを見ました。今日も夕方から式場での打ち合わせがあるので、次の感想はまた遅れます。

それはともかく。
自分が結婚間近なせいか、出陣する家茂を見送る和宮に感情移入しまくりでした(苦笑)
あんなラブラブな時に…耐えられないですよね。
篤姫が笑って送り出したことを責める和宮ですが、それは武家の女のつとめ。
ああ、やっぱりこういうところはわかりあえないんだなあ…という感じです。

一方で、時代を大きく動かした薩長同盟。
帯刀さん、かっこよくなりましたね。
そして、玉木宏の坂本龍馬もなかなかお気に入りです。ちょっとかっこよすぎるなか?という気はするけれど。
玉木くんは「功名が辻」では土佐藩に入る山内一豊の弟役だったので…なんか、縁があるんですね。

次回、いよいよ家茂くんが…!!

« 陽炎の辻2「親子」 | トップページ | 陽炎の辻2「雷鳴」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/42834918

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「薩長同盟」:

« 陽炎の辻2「親子」 | トップページ | 陽炎の辻2「雷鳴」 »