最近のトラックバック

« 眠い(>_<) | トップページ | 初雪 »

2008/11/17

篤姫「慶喜救出」

戦は避けたいという篤姫や帯刀の願いもむなしく、鳥羽・伏見の戦いが幕を開けてしまう。
薩摩は錦の御旗を用意し、幕府軍は朝敵となってしまう。
そのことに衝撃を受けた慶喜は、兵を大阪に置き去りにして、江戸に逃げ帰った。
勝海舟に助けを求めた慶喜に、勝は篤姫に会うことを強く薦める。
慶喜はしぶしぶ篤姫のもとを訪れるが・・・。


私はどうもこのあたりの慶喜の行動が理解できないのですね。
とっても、納得できない。
だから、このくだりをどうドラマ化するのか、気になっていたのですが。

こうきましたか。

正直言って、きれいごとだと思います。
でも、このドラマにおいては、篤姫の行動は、たしかに一貫性があるというか・・・。
慶喜にあえて生き恥をさらせというのは、同時に慶喜を救うためであり、それは「徳川の家族であるからだ・・・」という。

このドラマのテーマは「家族」だというのが、よくわかります。
今和泉島津家から始まって、島津家、徳川家・・・いろんな立場のいろんな人が集まって、よりそってくらしていく「家族」という場。それがキーワード。

その辺が、すごくこのドラマが共感される理由ではないでしょうか。

ところで、次回は幾島再登場ですね!
予告編を見て、叫んでしまい、旦那にあきれられました(笑)
楽しみ、楽しみ。

« 眠い(>_<) | トップページ | 初雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/43143652

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「慶喜救出」:

« 眠い(>_<) | トップページ | 初雪 »