最近のトラックバック

« 篤姫「明治前夜の再会」 | トップページ | クリスマス »

2008/12/15

篤姫「一本の道」

時代が江戸から明治に変わり、篤姫も帯刀も、それぞれに新しい生活を送っていた。時代の急激な変化を目の当たりにしながら、最後まで自分の役割を全うしようとした二人は…。


終わってしまいました…。全50回、完全制覇してしまいましたよ。こんなに熱中したのは久しぶりです。

最終回は今までの回想というか、オールスター総出演という感じで、ストーリーらしきストーリーはあんまりない感じでしたね。
お幸の方が薩摩からやってくるのはどうかと思いましたが(苦笑)

帯刀さんの最期は、悲しかったです。あの泣き虫の尚五郎さんがこんなにたくましくなって…と思うと。
新政府で西郷と大久保を結びつけたのが帯刀の手紙だったこと。二人がうまくいかなくなった時の「小松さまがいてくれたら」という西郷の言葉。心で人を結びつける帯刀の存在は大きかったのですね。
また、お近さんの存在は大きかったですね。帯刀の死を知って悲しむ篤姫を立ち直らせたお近さんの手紙、感動しました。

本寿院さまは最後まで本寿院さまのままでしたね(笑)なんだかホッとしましたよ。


それにしても、一人の人生を生ききる大河はすごいです。最後に篤姫の時間が巻き戻りましたが、メイクもあるのでしょうが、ドラマが始まった当時は、ほんとに幼い顔をしてましたね。これが1年かけてこんなふうになるんだーと、しみじみ。
あおいちゃんが篤姫と聞いたとき、あの童顔で大丈夫?と思ったものですが、並み居る名優に一歩もひかぬ迫力、見事でした。
新聞のインタビューで「今はからっぽ」と答えてましたが、それだけ全身全霊で打ち込んだのがよくわかりました。

なまじ歴史マニアなだけに、史実と違うと「そんなことあるわけないやん!」としらけてしまう私ですが、今回はわかっていても最後まで見てしまいました。それだけ、ドラマとしておもしろかったんですよね。作り手もわかっていて、それでもこういうメッセージを発信したいんだなあ、とか。
とにかく、一年間、楽しませていただきました。
「一本道」を歩き通した篤姫の生涯、原作に勝るとも劣らぬ出来だったと思います。

« 篤姫「明治前夜の再会」 | トップページ | クリスマス »

コメント

■NHK「篤姫」視聴率、自己最高の29・2%-なぜ高視聴率なのか?
こんにちは。私も、少し前ですが、篤姫人気について、ブログに掲載しました。篤姫、幕末ものはヒットしないというジンクスを破って高視聴率を獲得しました。とうとう、30%台は突破はできなかったものの、最近の他のものと比較する突出していると思います。私は、この高視聴率の背後には、多くの人たちの改革への期待があるのではないかと思います。現状の社会の閉塞感を打ち破る明治維新のような大改革を無意識のうちに求めているのではないかと思います。そうして、私は本当に閉塞感を打ち破る方法はあると思います。それは、明治時代の先達が西欧から本格的に導入することをしわすれた西洋型近代NPO を導入することだと思います。良い悪いは別にして、まずこれをして基盤を形成しない限りは、今の日本の閉塞感に満ちた状況はなかなか打ち破ることはできないと思います。その意味で、近代的政府組織、近代的民間営利企業を導入した明治時代は非常に参考になると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

yutakarlsonさん、コメントありがとうございます。
私は明治維新は必要な出来事だったと同時に、歪みももたらしたものだったと思っています。それは、現代にまで通じているものです(そのへんは、高橋克彦や浅田次郎の小説で描かれていますので、私はこれ以上述べません)。
個人的には、「篤姫」人気は、ドラマの中で描かれる「心」「家族」というあまりにベタなキーワードが、むしろ今は必要とされているものだからではないかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/43427301

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「一本の道」:

« 篤姫「明治前夜の再会」 | トップページ | クリスマス »