最近のトラックバック

« 誕生日 | トップページ | 冬の夕焼け »

2008/12/01

篤姫「無血開城」

江戸城総攻撃の日が定まった。
篤姫と勝海舟は、徳川を滅ぼそうという一念に凝り固まった西郷の心を解きほぐそうと、最後の策を練る。
篤姫が西郷に託した、亡き島津斉彬の書状を読んだ時、西郷は総攻撃を取り止める決断をする。


「家定さま〜!」とテレビの前で叫んだのは、私だけではなかったはず。
まさかここで再登場されるとは。
篤姫をここまで支えてきたのは、夫への思いだったのだと再確認する、素敵な場面でした…。

このドラマのテーマは「家族」だと前に書きましたが、もう一つは「心」ですね。
篤姫はいつ何時も「心」で相手に向き合い、その心に触れてきました。
江戸城を出ると決まり、篤姫が一同を集める場面。
みなの気持ちが篤姫に集中している感じがよく出ていました。
実際の篤姫さんはどんな感じだったんだろう…と思わずにはいられなかったです。

それにしても、いよいよラストが近づいてきましたね。寂しいです。

« 誕生日 | トップページ | 冬の夕焼け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/43283850

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「無血開城」:

« 誕生日 | トップページ | 冬の夕焼け »