最近のトラックバック

« デザインを変えました | トップページ | 風邪 »

2009/01/17

あれから14年

1月17日、午前5時46分。

それが特別な時間になったのは、あの阪神淡路大震災から。
あれから、14年。

朝、テレビをつけた瞬間に目に飛び込んできた、信じられないような映像を、今でも覚えている。

まるで戦争中の焼け野原のようになってしまった街。
泣く力すら残っていない人々。

いろんな報道や手記を見たし、読んだし、
実際に現地にボランティアに入った人の話も聞いたことがある。
私の中には生々しく残る記憶だ。

しかし、あの年に生まれた子供たちはもう中学生。
小学生は、もはや「震災」を知らない。
それもまた、信じられないような時間の流れの早さを感じる。


震災の街に、ひまわりの種を配った人がいる、という。
食べ物にも事欠く日々に、何がひまわりだと当時の私なら思った。
でも、そういうものが、人の心を癒し、力づけることもあるのだと・・・
そんなことが私にも少しはわかるようになった。
14年というのは、そういう時間なのだろう。


震災を風化させないというのは、難しいことだと思う。
現に、私も年に一度しか思い出さない。
それでも。
あの惨状を、失われた命を、同時に人々が得た尊いものを、
語り継ぎ、震災を知らない世代に語り継ぐ努力だけは続けるべきなのだと思う。


あの震災で亡くなられたみなさまのご冥福を、あらためてお祈りいたします。

« デザインを変えました | トップページ | 風邪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/43763116

この記事へのトラックバック一覧です: あれから14年:

« デザインを変えました | トップページ | 風邪 »