最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/26

花に雪

花に雪
わかりにくい写真ですみません。
満開の桜に雪が積もってます。
四月末だというのに、この雪…。

2009/04/19

桜咲く

桜咲く

2009/04/18

ふと思う

水仙が咲いてた
レンギョウも咲いてる
梅が満開
桜も咲き始めた

そんなことを真っ先に言いたい人に
ちゃんと顔を見ながら言える幸せ。

2009/04/12

北斗七星

お家でテレビを見ながら、のんびりお酒を飲むのも好きだけど、
たまには外で飲みたい・・・と、わがままを言って。

近くの居酒屋さんに、旦那さんと行ってきた。
焼き鳥がおいしいお店で、しっかり食べて、飲んで、いい気分で帰ってきた。

帰りは長い坂道を二人でてくてく上って。
おしゃべりしながら、ふと空を見上げると、星が輝いていた。

「ほら、北斗七星」
旦那さんは「どこ、どこ」
あそこだってば!と指さす先を見て、「おお!」と。
「こういうふうに見えるものなんだ」と感心してる旦那さん。
東京に生まれ育った人なので、星を眺める習慣もなかったのだそう。
岩手はなんにもないけどね、星はきれいに見えるんだよ、と言ったら、
そうだなあ、もうちょっとそういうものを見ないとな、と。

たまには、夜、外に出て、私が知っている星座を教えてあげよう。

2009/04/04

歴史上の人物

「上杉景勝ってさあ、謙信みたいでなければならないって思いこんでたよね」
「石田三成は頭良すぎたんだよ」

先日の米沢旅行の際、私はこんな発言を連発して、旦那さんに笑われました。
歴史上の人物に、あたかも会ってきたかのように話すのがおかしい、と。

でも、私はよく考えるんです。
いわゆる「歴史上の人物」って、どんな人で、どんなことを考えていたんだろう。
彼らは想像上の存在ではなくて、ちゃんと生きていた生身の人間だったわけで。
すごくその人となりに興味があるんです。
だから、ついつい考えて、そのあげくに言っちゃうんですね。
「織田信長って・・・」とか。

時代を隔てても、やっぱり、人は人。
私が歴史に興味があるのは、「人」の営みが見えるからです。
歴史は人がつくるものだと信じているからです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »