最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/31

津軽

7月29日、津軽に行ってきました。
前に行ったのは…一昨年。
友達と、でした。
今回は旦那さまと一緒。

前日、夕方に家を出て、高速で大鰐温泉へ。
不二やホテルさんに一泊。
お料理が美味しかったです。
外では大鰐ねぷたのお囃子の練習をしてて…露天風呂までその音が聞こえてきて、なかなか風流でした。

翌日は、十三湖経由で竜飛岬へ。
旦那と交代で運転してたんですが、竜泊ラインの山道を運転するのは私の番に。
けっこう怖かったです。
しかも天気が悪くて、霧が出てくるし。
展望台からの眺めも、雲と霧ばかりで、どこが空だか海だか。
まあ、幻想的な風景ではありましたが。

そして、竜飛岬に着いた頃から雨!
津軽海峡も雨で、視界がきかず。
早々に引き上げました。

で、一路金木へ。
今回の旅の目的地・斜陽館です。
二人とも二回目なので、新鮮な感動はなかったのですが。
一応、文学青年と文学少女のなれの果ての夫婦ですので。
太宰治生誕百年の今年、行っておこうかと。
しかし、太宰はまごうかたなきお坊っちゃまですね。
初めて来たときは、大勢のきょうだいの中で、コンプレックスを抱えつつ自意識を肥大させていった少年を想像しましたが、今回は、兄たちと広い家の中ではしゃぎまわっている幼い太宰を想像してしまいました。

太宰談義などしながら、高速で岩手に帰り…今、私の手元には、太宰の「津軽」があります。
旦那さまが諳じていた一節は本当にあるのか(笑)、読むのが楽しみです。

2009/07/27

雨が

降ってきました。たった今。

今年はまだ梅雨明けしてません。
毎日のように、雨が降っています。

私はくせっ毛なので、雨が降ると、髪がクルンクルンになっちゃいます。
そうして、髪がふくらんで、手に負えなくなるのです。

だから、梅雨の時期は憂鬱。
それが長引いていると、もっと憂鬱。

おとといから、ものすごく蒸し暑くて、暑さと湿気とで、まいってます。

早く梅雨が明けないかなあ・・・。


今日は午後からお休みをとって、帰ってきました。
あれもしよう、これもしようと思っていたけど、ぼんやりしちゃってます。


あ、もう雨があがった・・・。
でも、空はどんより曇ったまま。
シーツとか洗濯したいのに。むぅ。

2009/07/25

夏休み

今日から夏休みです。


夏休み初日は、とっても蒸し暑い。
午前中、掃除と洗濯で、大汗かいちゃいました。

夏休みといっても、休みはお盆くらいで、毎日仕事です。
今日はお休みだけど、明日はお仕事。やれやれ。
それでも、いつもよりは余裕があるのは事実。
さあ、本を読むぞー!!


それにしても。
怒涛の1学期でした。
個人的には、非常に不本意で、反省することが多かったです。
もっと精進しなければ・・・と思います。
もう少し、まわりを見る余裕ももたなくては。

なんだかんだ言って、人としてもっと成長しなければ・・・ということ。

夏休みは、仕事をしつつ、充電もしっかりして、
2学期にそなえたいものです。
岩手県の夏休みは短いしー。


さて、これから仕事をしに行ったダーリンを迎えに行って、そのままお昼を食べに行きます。
今日はおごるから・・・とのこと(でも、外食したときには、9割、彼が払ってるんですけどね)。
じゃあ、何をおごってもらおうかなあ。
では、行ってきます。

2009/07/18

体のこと

先月手術した目のほかにも、ある病気の診断をされ。
内科的に治療が必要…ということで、かなり気が滅入ってました。長期戦になりそうだったので。

2ヵ月、食生活を改善して、なるべく体も動かすようにして、再検査を受けた結果、かなり数値は改善されてました。
この生活を維持できるなら、薬は飲まなくていいですよ…と言われ、現在も継続中です。

本当に、年を取ると、いろんなところにガタがくるなあ〜と(苦笑)
若いときに、好き勝手な生活をしてたツケですね。
もっと体の声に、ちゃんと耳を傾けていたらなぁ…と、後悔。

一番つらいのは、お酒を好きなだけ飲めないということ。
旦那サマと一緒にお酒を飲むのが、すごーく好きだったので。
でも、お酒を飲んで寿命を縮めるより、お酒を我慢してでもダーリンと長生きしたいので、頑張るのです(笑)

2009/07/16

ついに!

第141回直木賞を、北村薫さんが受賞しました!!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

六度目の正直ですね。
北村さんの大ファンの私としては、とても嬉しいです。

賞をとればいいものだとは思いませんが。
受賞しなくても、北村薫は素晴らしい作家ですが。
やはり受賞することで、それが広く世に認められるのはたいへん嬉しいことです。

というわけで。
北村さん、おめでとうございます。
さっそく、「鷺と雪」読まなくちゃ。

2009/07/11

手術のこと その2

白内障の手術後に、人に一番聞かれたのが、「手術のときは見えるのか」ということでした。
これは、前回も書きましたが、「見えます」。
が、手術中は目に強い光を当てられているので、実際はその光しか見えません。
ただ、目を開けていないと手術ができないわけで。
目は閉じないように、機械で押さえています。
私は2回目の手術の時、終り頃にその機械がはずれたみたいです。
何事もなかったですけど。

もう一つよく聞かれたのは、「麻酔はどうなってるのか」ということ。
もちろん、全身麻酔なんかじゃありません。
目薬の麻酔を使います。
で、眼球の感覚がなくなります。
触られても、わかりません。
これは検査の時に一度経験したので、安心できました。

それから、「痛くないのか」。
全然、痛くないです。
ただ、術中に2~3回、ちょっと嫌な感覚はありました。
手術の説明を受けたとき、ドクターには「押されるような感覚」と言われましたが、それよりはちょっと不快感は強いかな。
歯医者で、歯を削ってるときに、神経に触るあの嫌な感じ。あれに近いかも。
でも、「痛み」という感覚ではないです。
我慢できないほどのものではありません。


看護師資格をもってる友人は、
「看護学校時代、手術の映像を見て、眼科にだけは行きたくないと思った」
と言ってたことがありました。
本当に、「目の手術」というのは、理屈じゃなく恐怖を感じますね。
私もそうでした。本当に嫌で嫌で・・・。

でも、実際は、本当に苦痛もなく、時間も短く、拍子ぬけするほどでした。
(私がいいドクター&病院に当たったというだけかもしれませんけど)

何より、手術後の見えるようになったときの、「世界が明るい!」という感動は、一生忘れられないでしょう。
見えなかった時の暗い気分が、パァーッと消えていくのがわかりました。


手術からもう1か月。
おかげさまで、経過は良好です。
まだ目薬は続けなければなりませんが。
「見える」ことに感謝しつつ、日々を過ごしています。

2009/07/07

三種の神器

「プロポーズ三種の神器は、レストラン、夜景、指輪」だそうです。

ちなみに、プロポーズで指輪がほしい女性は六割だけど、実際は七割はプレゼントなしだとか。

私の場合。
「夜景」はありました。
レストランじゃなくて居酒屋だったし(苦笑)
指輪に至っては、彼はエンゲージリングとマリッジリングの区別がついてなくて、いつまでたってもくれる気配がなく…結婚指輪を買うときに、こちらからおねだりしてしまいましたよ。
「それってどう違うの?」と聞かれましたが。

まぁ、どんな状況であれ、自分がしてもらったプロポーズが一番ですよね。

2009/07/05

手術のこと

先日、白内障の手術を受けました。

白内障とは、水晶体が濁ってしまって見えなくなる病気です。
手術としては、濁った水晶体を超音波で破壊して吸引し、新しい眼内レンズを入れる・・・というものになります。
通常、両目を手術すると2週間の入院が必要と言われるようですが、私はそんなに仕事を休みたくなくて、日帰り手術が可能な病院を紹介してもらいました。

手術当日は、お昼過ぎに病院に行き、点滴&目薬の点眼。
約1時間後に手術開始。
手術そのものは15分程度で終わり、その後30分くらい休息。
あとは、帰るだけ。
翌日の午前中に再度通院して眼帯をはずし、検査&検診。
で、終了です。

食事の制限はほとんどなく、手術当日の入浴は禁止、術日から3日間は洗髪禁止。
2週間は激しい運動禁止、水泳は1カ月禁止(私は水泳はしないから、どうでもよかった)。

術前・術中・術後をふくめて、本当に「え?こんなんでいいの?」という感じでした。

でも、手術前は怖くて、怖くて。
先に左目を、2日おいて右目を手術したのですが、最初の手術の時はかなり怖くて、手術前は旦那サマに甘え放題でした。
旦那も心配して、すごーく優しかったし(笑)
ところが、あっという間に手術が終わってしまって、「へ?もう終わり?」と、きょとんとしていた旦那サマ。
いや、私もびっくりしましたが。(ちゃんと説明は受けていたんですけどね)

よく聞かれるんですが・・・、麻酔は目薬(!)で、眼球の感覚がなくなるだけ。
だから、見えてます(!!)
と言っても、術中は、目に強い光を当てられているため、その光しか見えません。
眼球を押されているような、ちょっと嫌な感覚はありますが、痛みはありませんでした。
ただ、音は全部聞こえてます。
「ああ、今吸引されてるんだ~」とか、わかります。

自分で歩いて手術室に入り、歩いて出てくるという・・・。
以前に甲状腺の手術を受けた際には、全身麻酔で、気がついたら手術が終わってたというのとは、えらい違い。

とりあえず、手術前には「コンタクトを入れて」0.1~0.2だった視力は、裸眼で0.2~0.4くらいまで回復しました。
ドクターいわく「ふつうの近視」。
眼鏡をかけると、1.2くらい。
世界が明るく、クリアになりました。

手術を宣告されたときは、死にそうに落ち込みましたが、目が見えるようになって、気持ちも本当に明るくなりました。
いろいろと大変なこともあったのですが・・・手術を受けてよかったかなと思います。

2009/07/02

結婚式のBGM

ふと思い立って、DVDを見て確認しました。

入場 「エトピリカ」
乾杯 「王様のレストラン」
お色直し 「美女と野獣」
ケーキ入刀 「結婚行進曲」

キャンドルサービス 「永遠にともに」「3月9日」
退場 「終りなき旅」

親への手紙の時の曲はタイトルが思い出せませんでした。

全て私が好きな曲。っていうか、全部私が選びました。
最後の三曲は持ち込みです。
「永遠にともに」は、自分の結婚式には絶対使おうと決めていた曲。
「3月9日」と「終りなき旅」は、教え子たちとの思い出の曲です。

ちょうど一年くらい前に、やっと式場めぐりを始めたんでした。なんか、懐かしいなぁ。
あ、そう言えば、今日で結婚してまる8ヶ月です。
旦那サマと出逢えてよかったなぁ…と、つくづく思う今日この頃です。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »