最近のトラックバック

« 結婚式のBGM | トップページ | 三種の神器 »

2009/07/05

手術のこと

先日、白内障の手術を受けました。

白内障とは、水晶体が濁ってしまって見えなくなる病気です。
手術としては、濁った水晶体を超音波で破壊して吸引し、新しい眼内レンズを入れる・・・というものになります。
通常、両目を手術すると2週間の入院が必要と言われるようですが、私はそんなに仕事を休みたくなくて、日帰り手術が可能な病院を紹介してもらいました。

手術当日は、お昼過ぎに病院に行き、点滴&目薬の点眼。
約1時間後に手術開始。
手術そのものは15分程度で終わり、その後30分くらい休息。
あとは、帰るだけ。
翌日の午前中に再度通院して眼帯をはずし、検査&検診。
で、終了です。

食事の制限はほとんどなく、手術当日の入浴は禁止、術日から3日間は洗髪禁止。
2週間は激しい運動禁止、水泳は1カ月禁止(私は水泳はしないから、どうでもよかった)。

術前・術中・術後をふくめて、本当に「え?こんなんでいいの?」という感じでした。

でも、手術前は怖くて、怖くて。
先に左目を、2日おいて右目を手術したのですが、最初の手術の時はかなり怖くて、手術前は旦那サマに甘え放題でした。
旦那も心配して、すごーく優しかったし(笑)
ところが、あっという間に手術が終わってしまって、「へ?もう終わり?」と、きょとんとしていた旦那サマ。
いや、私もびっくりしましたが。(ちゃんと説明は受けていたんですけどね)

よく聞かれるんですが・・・、麻酔は目薬(!)で、眼球の感覚がなくなるだけ。
だから、見えてます(!!)
と言っても、術中は、目に強い光を当てられているため、その光しか見えません。
眼球を押されているような、ちょっと嫌な感覚はありますが、痛みはありませんでした。
ただ、音は全部聞こえてます。
「ああ、今吸引されてるんだ~」とか、わかります。

自分で歩いて手術室に入り、歩いて出てくるという・・・。
以前に甲状腺の手術を受けた際には、全身麻酔で、気がついたら手術が終わってたというのとは、えらい違い。

とりあえず、手術前には「コンタクトを入れて」0.1~0.2だった視力は、裸眼で0.2~0.4くらいまで回復しました。
ドクターいわく「ふつうの近視」。
眼鏡をかけると、1.2くらい。
世界が明るく、クリアになりました。

手術を宣告されたときは、死にそうに落ち込みましたが、目が見えるようになって、気持ちも本当に明るくなりました。
いろいろと大変なこともあったのですが・・・手術を受けてよかったかなと思います。

« 結婚式のBGM | トップページ | 三種の神器 »

コメント

まゆさん、コメントたくさんいただいてありがとうございました。とっても励みになりました。私も無事帰宅しました。また仲良くしてやってください。

まゆさんは白内障だったんですね。最近では日帰り手術をしてくれるところも増えてきてますよね。でも手術はやっぱり手術で不安が大きいし、術後の洗顔や洗髪の制限など不自由もあったと思います。
目に麻酔をして目の手術を受けるなんて、本当に怖そう・・・
今は普段の生活に戻っているのですか?無事終えて、視力も回復できて本当に良かったです。

EKKOさん、こちらこそ…EKKOさんも大変な時だったのに励ましていただいて。私はほんとに自分のことしか考えられないんだなぁ…と、情けなくなりました。私もEKKOさんみたいに、優しく強くなりたいです。

さて、私は全く通常の生活に戻っています。手術日を含め、1週間、仕事を休みましたが、あとは通常営業してます。なんとなくあった違和感も消え、快適ですよ。ほんと、ご心配おかけしました。
EKKOさんも決して無理なさらないでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/45544668

この記事へのトラックバック一覧です: 手術のこと:

« 結婚式のBGM | トップページ | 三種の神器 »