最近のトラックバック

« まるで奇跡のような | トップページ | 立ち読みして »

2009/09/24

破れ鍋に綴じ蓋

先日、後輩に会ったとき、こんな話をした。

「自分が結婚してよーくわかった。
 夫婦って、相性だよね。」
「そうそう。他の人にとってどうかなんて、関係ないの。
 当事者どうしが合えば、それでいいの。」
「そうなんだよねえ。
 うちのダンナ、よく耐えられるなって思うもの。」
「ほら、『破れ鍋に綴じ蓋』って言うでしょ。」
「うん。」
「あれ、その通りなんだよね。
 お互いが、『破れ鍋』で、『綴じ蓋』」


1か月くらい前から、心身ともに不調で。
周りの人には、いっぱいいっぱい迷惑&心配をかけた。

その直撃を受けたのは、旦那さん。

今、少し気持ちが落ち着いてきたので、
一番ひどい時の自分を思い返してみると、
よく我慢してくれたな~と、思う。

そう言ったら、「我慢? してないよ」

先週、夜の10時過ぎにいきなり謎のじんましんが出た旦那さん。
病院に連れて行って、点滴を打ってもらって、事なきを得たけれど。
「忙しいから疲れてたんだよね」
「うん、仕事のストレスだな。明日、職場で言ってやろう」
でも、ストレスの原因の一つは、きっと私だよね・・・。
ごめんなさい。

(ちなみに、職場で言ったら、同僚に笑われて終わったそう。
 誰もいたわってくれなかったと、すねてた)


「あんたにとっては、最高の旦那さんだよ」
と、友人たちは声をそろえて言う。
うん、私という「破れ鍋」には、最高の「綴じ蓋」だと思う。
そして、私も彼にとって、最高の「綴じ蓋」だったらいいな、と思う。


« まるで奇跡のような | トップページ | 立ち読みして »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/46300822

この記事へのトラックバック一覧です: 破れ鍋に綴じ蓋:

« まるで奇跡のような | トップページ | 立ち読みして »