最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/27

人の命と世間体

先日、職場で同僚が倒れました。

私は現場に居合わせず、それを知ったのは15分以上たってから。
その時点で、ただ寝かせておくだけでした。

お昼を食べ始めたあたりから、明らかに様子がおかしくなり、
机につっぷしてしまったので、周りが「保健室へ」と声をかけ。
本人は立ち上がって歩き始めたところで、歩行困難になったそうです。

おぼんには、ごはんがこぼれ、味噌汁がひっくりかえっていました。

右手がうまく動かなくなり、頭痛と吐き気。

ここらの地域では「あたった」という言い方をします。
いわゆる脳溢血、もしくは脳梗塞。
北国には多い病気です。
親戚に一人くらいは「あたった」人がいる、という感じ。

さて、私はその様子は見てなかったのですが、話を聞いて、「あ、軽くあたった」と思いました。
でも、救急車はまだよばれていませんでした。
職場は町なかから離れたところにあるので、救急車が来るまで15分はかかります。
現場に居合わせた人たちは、「救急車を呼んでください」と言っていたそうです。

それなのに、上司は「様子を見て」「本人が大丈夫だと言ってる」「とりあえず病院に電話してみる」。
あげく、「私の車で病院につれていく」

もちろん、「あたった」というのは、私たち素人の見立てです。
たしかに、本人に意識はありましたが、明らかに普通ではありませんでした。
でも、もし、本当に脳溢血だったら、車で運んでいる間に症状が悪化することもあります。
その時、だれか何かできるのでしょうか。


私、ブチ切れてしまいました。
「もし、死んだらどうするんですか!!」

そうして、ようやく上司は救急車を呼びました。
結局、病院に到着したのは、倒れてから1時間後でした。

診断は、脳出血。
一時は命も危ぶまれましたが、幸い峠は越し、今は入院中。
今後はリハビリだそうです。
職場復帰は当分先になります。


上司はのちにこう言いました。
「ここに救急車を呼んだら地域の人になんて思われるかと心配だったけれど、早く救急車を呼んで正解だった」

私はもう、何も言う気になれませんでした。

人の命と、世間体と、いったいどちらが大事なんでしょう。
私には信じられない感覚です。

2009/10/10

私らしく

いろんなことがありまして。
夏からずっと精神的な不調を引きずっていましたが、
とりあえず、自分なりにひとつの結論に達しました。

何が正しいのかはわからないし、
今の自分の決断を、いずれ後悔するのかもしれないけれど。
違う道を選んでも、きっと後悔するので、
だったら自分らしく生きて、後悔しようと思いました。

「自分らしく生きる」というのは、私のエゴなのかもしれないと思います。
それでも、私はやっぱり自分を殺すことはできませんでした。

旦那さんのことも、すごく悩ませて、困らせてしまいましたが・・・。
でも、一緒に悩んでくれて、私をサポートしてくれています。
友人たちも、しょうもない私の愚痴を聞いて、心配してくれました。
周りを巻き込んで、何を大騒ぎしてるんだ・・・と思いますが。
本当にあたたかい人たちにかこまれているんだと実感してます。

今は、自分の軸が定まったので、気持ちも安定してきました。
まだまだこれからもいろいろあると思いますが・・・
また気持ちが変わることもあると思いますが・・・
やっぱり、まず、私が私らしく、自分の人生をきちんと生きようと思ってます。

2009/10/05

海の街に住む友人

先月は北海道にいる後輩と1年ぶりに再会したけど、
昨日は県内にいる友人と、これまた1年ぶりも再会。
やっぱり、去年の結婚式で会って以来。
その時はゆっくりおしゃべりなんかできなかったので。

会えたのは2時間くらい。
彼女の旦那さんや息子くんとも会って。
ふだんからメールはやりとりしてるので、
互いに近況はわかっているけど、
顔を見て、ゆっくり話すのは・・・彼女が結婚して以来。

以前、同じ職場にいたときは、家が隣同士で、よく行き来してた。
彼女が転勤してからも、たまに盛岡でおちあって、飲みに行ったりしてた。
一緒に旅行に行ったことも、何度かある。
彼女の結婚式にもよんでもらったし、
実はその時「ああ、この式場いいなあ」と思ったので、
私も同じ所で結婚式をあげた。

ずっと会ってなかったのが嘘のようで。
私はちょっと調子が悪かったけど、
彼女はナチュラルにそういうのを受け止めてくれる人なので。
安心して、いろんなことをおしゃべりできた。

初めて会ったころは、お互いに20代だったのに、
ずいぶん時間がたったのだね・・・。
釧路の海を二人でぼんやり眺めていたあの夏から、
もう10年以上たったなんて、信じられないけど。
お互いに名前も変わって、住む街も変わったけど、
二人の間に流れる穏やかな空気は変わらない。
それが、嬉しかった、

来月は私が彼女の住む街へ行く予定。
また会えたらいいね。

2009/10/04

名月

名月
昨日は仲秋の名月でした。
綺麗なお月様。旦那さまとお月見しました。

あんな明るい月の夜に、かぐや姫は月に帰ったのですね。

2009/10/03

馬鹿だなあ

・・・と思うことが多々ありまして。
ここのところ、ずーっとグルグルしていたのですが、
さすがに、自分に嫌気がさしてきました。

自分で自分が鬱陶しい。

ってことは、他人にとってはもっと鬱陶しいってことですね。

もういい加減にしなきゃ、と思います。

だからといって、何かが劇的に変わるわけじゃないですが。
もうちょっとしっかりしなきゃ、大事なものがどんどん手からこぼれていきそうな気がします。

しかし。
自分ではもう少し大人になったつもりでしたが・・・全然ダメですね。
情けない。


と、何のことかわからないつぶやきが、ここのところ、ずっと続いてますが。
いつか、自分なりに区切りがついたなと思うころに、
この一連のジタバタの顛末を、ここに書けたらいいなと思ってます。
そんな日が来るように、少しずつがんばれたらいいな。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »