最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/30

君たちがいたから

青子さんのブログで紹介されてた

   関西電力のCM


・・・泣いてしまいました。

それしか、言えません。

2010/01/29

龍馬伝

「福山雅治ってかっこいいよね~」
というのが、うちの職場のお姉さま方(全員50代・熟女軍団)の感想。

「ずいぶん金かかってるなあ。
 スタジオじゃなくてセットとかロケが多いし。
 『天地人』はなんだったんだ?」
というのが、夫の感想。


私は、どちらにもうなずきながら、いまいちのめりこめずにいます。
もともと「坂本龍馬」にあんまりはまれないのですよね。
おもしろい人だとは思うんだけど。
これは単に好みの問題でしょう。

龍馬関連の人物では、第4回で登場した千葉さな(貫地谷しおり)が好きなので、
どんなふうに描かれるか・・・と思ってましたが、わりとベタな感じでしたね。
でも、あれじゃさなは龍馬に惚れるよね(笑)

もう一人、お気に入りは乙女ねえちゃんなんですが、
寺島しのぶはちょっと怖い…(苦笑)


なんだかんだ言って、最後まで見ちゃうと思うんですが。
ま、回を重ねて、福山雅治がどれだけ「龍馬」になるか、楽しみにしてます。

2010/01/25

北森鴻氏死去

ミステリ作家の北森鴻が急死したというのを、たった今知りました。
ショックで茫然としてます・・・。

心不全。48歳。
早すぎます。

好きな作家さんでした。

陶子はどうなっちゃうんでしょう。
那智は?
香菜里屋シリーズは完結したんでしたっけ。
あとは・・・。

北森さんも、まだまだ書きたいことがたくさんあったでしょうに。

ご冥福をお祈りしますとしか言いようがないですが。

ああ、ショック・・・。

2010/01/22

AND I LOVE YOU

最近、ドリカムのアルバム「AND I LOVE YOU」が出勤のBGMです。
ここ数年のドリカムの中で、一番お気に入り。
繰り返し聴いてる一枚。

タイトル曲の「AND I LOVE YOU」は、吉田美和が亡くなったパートナーに語りかけている歌。
今さらながら、それを聴いて、涙しています。

♪何日も会えないことも多かったから
わたしたちはきっと ね、大丈夫だよね

大切な人を…人生のパートナーを失うというのがどれほどつらいことか。
もし私なら…そんなことをつい考えてしまいます。
ふたりなら、乗り越えていけることがある。
ひとりでなにもかも背負わず、いろんなことを分かち合える。
何より、ひとりより、ふたりの方が、楽しい。
それを実感してしまった私には、このラブソングは胸に迫るものがありすぎて…。

それでも、歌い続ける吉田美和のパワフルで優しい歌声が、私はすごく好きです。
彼女の寂しさが少しでも和らぐことを祈っています。

2010/01/17

忘れられない記憶

阪神・淡路大震災から15年。
もうそんなに経つのですね。
中学生はあの震災を知らないということに驚いてしまいました…。

テレビに写し出される映像が何なのか理解できなかったあの朝。
一生忘れられない記憶です。

私にとって、忘れられない出来事の双璧は、この震災と、日航機の御巣鷹山事故。
どちらも強烈な印象が残っていて、報道にも釘付けだったし、いまだに私の中で尾を引いています。当事者でもないのに。

夫は、「地下鉄サリンと9.11」だそうで。
私は、その2つは妙に現実感がなくて…というか、あれが現実に人為的に起こされたものだと信じたくなくて、いまだにきちんと向き合えない感じです。

なんにせよ、平穏な日常がいつ崩れ落ちるかわからないということは、忘れてはならないことですね。


震災で亡くなられた方々のご冥福をあらためてお祈りいたします。
そして、震災の記憶が風化されないことを祈っています。

2010/01/13

大雪

大雪
この冬いちばんの雪です。
すでに2回雪かきしました。ヘトヘトです。

2010/01/10

有明の月

渡り温泉に行ってきました。

どこかというと、岩手県は花巻南温泉峡の中。
岩手県民ながら、行ったのは初めてです。

高温泉なので加水してありますが、なかなか気持ちよかったです。
その日、朝早くから寒~い体育館にずっといて、
体が冷え切っていたので、ちょうどよかった。
のぼせるんじゃないかと思うくらい、温泉につかってました。

夫と二人して本を数冊持ち込んで、
お酒を飲んだり、本を読んだり、テレビを見たり、おしゃべりしたり。
まったりしてきました。

翌朝、早くに起きだして、露天風呂へ。
殿方の方はけっこう人がいたそうですが、
女風呂はほぼ貸し切り状態。
まだ薄暗い中、雪景色を見ながら温泉につかって、気持ちよく手足を伸ばし・・・。
ふと見上げると、空には有明の月。

最高の命の洗濯でした。

2010/01/08

同級生・2

昨日、二十歳になった教え子たちがアポなしで会いにやってきた。

たった5人のクラスだったけど、全員がそろうのは卒業以来。
私もうれしくて、いそいそと待ち合わせ場所へ。

外見は多少変わっても、笑顔は相変わらずで、
なんだかすごくうれしくなってしまった。
一緒に過ごした3年間のこと、みんなで「ああ、そうだった!」と盛り上がれるのが、本当に楽しかった。

卒業しても、めったに顔を合わせてなくても、5人の絆は相変わらずで。
そこに私も混ぜてもらえるのが、この上もなく幸せなことだと思った。


友人いわく
「いつまでも仲良しで、一緒にいなくても、一緒に大人になっていくような、そんな仲間」
・・・うん、それが同級生ってものかもしれない。


5人、それぞれの人生を歩んでいるけれど、
どうか彼らがこれからもたくましく自分の人生を進んで行けますように。


2010/01/06

同級生

まだ松の内だというのに・・・同級生が一人、あの世へ旅立ってしまいました。

突然の死です。
一昨年のお正月に、みんなで厄払いしたのに・・・。
元気に笑って、一緒にお酒を飲んだのに・・・。
なんで・・・ということしか考えられません。

奥さまはもちろんのこと、お子さんもまだまだ父親が必要な年です。
それを残してあの世へ行かねばならない彼は、どれほど無念なことでしょう。


小学校の時は、同じクラスだったこともあって、
生意気な女の子だった私は、彼をやりこめたこともあります。
でも、「そうだなあ」なんて笑って許してくれる、優しい男の子でした。

中学校ではクラスは別だったけど、
明るくて優しい彼は、いつも人気者でした。

同窓会で久しぶりに再会した彼は、額が広くなっていて、
女性陣はみな「え~うそ~!昔はかわいかったのに~!」と叫んだものです。

今年は、仕事の関係でうちの夫と飲む機会があって、
「おたくの奥さんは、昔から怖かったですよ」なんて口走ってくれたらしく、
今度会ったら覚えといてよ!なんて言ってたのですが・・・。

その「今度」がないまま、彼はいなくなってしまいました。


同じ場所で、同じ時間を共有した、同級生。
その一人が亡くなるというのは、本当にこたえます・・・。

どうか安らかに・・・としか言葉が出てこない自分が、情けないです。


2010/01/04

箱根駅伝2010

今年は、旦那さんの母校・明治が1区~4区でトップという展開で。
駅伝に興味のない旦那さんもついつい見てましたが。

東洋大の柏原選手、圧巻でしたね。

私は、東洋大4年の釜石慶太選手を応援してるので、
最後の箱根、彼が走ってくれることを期待していたのですが。
残念ながら、エントリーされませんでした。

高校駅伝で区間賞をとり、東洋大1年で箱根を走り、
しかし、山登りで大ブレーキ。
2年もやはり山登りで力を発揮できず。
去年は、出番がありませんでした。
それと入れ替わるように、東洋大には柏原という「新・山の神」が登場したわけです。

大学生活最後の年、釜石くんが箱根を走る姿を見たいと思っていました。
が、エントリー表に彼の名前はなく。
もしかして、陸上をやめてしまっていないよね・・・と思ったり。
そしたら。
「東洋大主将」に釜石慶太の名前が。

だから、今年は、東洋大を応援していました。
釜石くんが走らなくても、主将として引っ張ってきたチームが優勝してほしい、と。

東洋大優勝の後、恒例の胴上げは、まず監督さん。
次は、主将の釜石くんだったそうです。
走った選手たちではなく。
ああ、よかった・・・と思いました。


近年の「ドラマ」を強調する箱根の中継はあまり好きではないのですが、それでもやっぱり一人一人が背負っているものがあって、箱根を見ると、いろいろ考えさせられます。

とりあえず、東洋大、優勝おめでとう!!

2010/01/03

謹賀新年

謹賀新年
お正月休みも今日で終わりです。
今日は、種差海岸に行ってきました。
結婚する前、初めてのドライブで立ち寄った場所です。
小雪がちらついてましたが、暖かく、いいお天気でした。
二人で一緒に再びこの海を見られた幸せをかみしめつつ…。

2010年もよろしくお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »