最近のトラックバック

« 姉の沽券 | トップページ | かわゆい~♪ »

2010/10/05

ドラマ「蒼穹の昴」

ドラマ「蒼穹の昴」の第2回を見た(初回はうっかり見損ねた)。
ちなみに、原作は2回読んでいる。

で、ビックリ。
こんなに設定が変わっているなんて。

いや、要所要所は抑えているから、行き着く先は変わらないのだろう。
でも、見ていて、「え?なんで?」と思うことが気になり、どうにも身が入らなかった。

日中合作だけあって、セットや小道具・衣装や役者の所作はいかにも清朝らしい。
でもなあ・・・と思ってしまうのは、原作ファンだからだろうか。

西太后が田中裕子というのはおもしろいけれど、
キャラが原作と違いすぎやしませんか。
浅田次郎が描く西太后は、表の顔と裏の顔のギャップがよいのだけれど。

まだ1回しか見ていないから、これだけで評価はできないけど・・・。
とりあえず、もうい1回くらいは見てみようかな。


« 姉の沽券 | トップページ | かわゆい~♪ »

コメント

どういうつもりですか?って詰めよりたくなるほど設定違ってますよね~
ここまでくるとかえって潔いというか(笑)
でも、春児が安徳会老人に出会うまでの展開は、前半の大きな山場だと思うのですが・・・
あの展開はいったい・・・?原作どおりだと、悲惨すぎてしまうから?
セットや衣装は豪華で、見ごたえがありますよね~

何やかんや言いつつ、私も、もう少し続けてみます(これはこれで、案外はまったりして・・・?)

EKKOさん、正直、ビックリしましたよ。
なんで、柳文秀の実母が春児の義母?
どうしてここでミセス・チャンが出てくるの?
・・・おそらく、EKKOさんの推測通り、「悲惨すぎる」からなのだと思います。
「大地の子」をドラマ化した時も、中国側からかなりクレームがついたそうですから。

原作を知らなければ、それなりにおもしろく見られると思うのですが。
今、最新作の「マンチュリアン・リポート」を読み終えました。
この長大なシリーズのテーマが、ドラマで歪められないとよいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/49656336

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「蒼穹の昴」:

« 姉の沽券 | トップページ | かわゆい~♪ »