最近のトラックバック

« 「龍馬伝」〜龍馬の休日 | トップページ | 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない »

2010/11/15

「龍馬伝」~光と影

いよいよラストが近くなってきました。

山内容堂に大政奉還の建白書を書かせるための直談判。
その合間に土佐の生家に戻り、つかの間の、そして最後の穏やかな時間を過ごす龍馬。

龍馬の見せ場もたくさんありましたが、今回の白眉はなんと言っても後藤象二郎でしょう。

「妬ましかったがです!」

おそらく、あの告白は、龍馬に関わった多くの男たちが感じた思いだったでしょう。

それほど、龍馬というのは強烈な太陽のような存在で、
その光の強さ・正しさゆえに、光が生み出す影も一層濃かったはずなのです。
その影は、龍馬の内部ではなく、その周囲の男たちの中に生じてしまった。
あのセリフを吐き出すように言う象二郎を見て、唐突にそう感じたのでした。


次回は大政奉還。
ということはその次が最終回でしょうか。
あと2回、最後まで見届けたいと思います。

« 「龍馬伝」〜龍馬の休日 | トップページ | 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない »

コメント

主題歌を聞くたび、後何回?と自問自答しています。
乙女ねえさんの言葉にグッときました。
もっと生きてほしかった、もっと見たい「龍馬伝」です。

最後の回は、見たくない。
しかし、見なければドラマは終わらない。
ということで、がんばって見ようと思っています。

chiiさん、いよいよラストが迫ってきましたねえ。
坂本家や乙女姉やんとのシーンは、この後の龍馬の運命がわかっているだけにせつなかったですね。
あの桂浜での場面、海と空の美しさに見とれてしまいました。

ひなたさん、私は坂本龍馬にそれほど思い入れはないのですが、
ここまで見てくると、やっぱり暗殺シーンは・・・つらいですね。
でも、最後まで見届けようと思います。
福山龍馬、いい顔になってきましたしね(笑)

後藤象二郎は、だんだん存在感を増してきて、良い感じだと思いました。
青木崇高さんは「ちりとてちん」に出演されていて、以降注目しているのですが、龍馬伝では体重を10kg増やして挑まれたそうで(実は、ずいぶん太ってしまったなぁと思ってたのですが、役作りだったのでした・・・)、いい役者さんだなぁと思っています。

ところでまゆさん、我らが大久保ミッチーはもう出番ないのでしょうか?

EKKOさん、私は青木さん全然知らなくて・・・(すいません)。
後藤象二郎って、前半は完全に敵役だったので、あんまりいいイメージもってなかったのですが、今回のあのシーンはよかったです。

大久保利ミッチー、今回は出番なかったですねえ。
次回は大政奉還だから、どこかでちらっと出てくるんじゃないかなあと思うんですけどね。
あのニコリともしない、憎々しげな表情で(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/50037678

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」~光と影:

« 「龍馬伝」〜龍馬の休日 | トップページ | 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない »