最近のトラックバック

« 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない | トップページ | しつこく「龍馬伝」について »

2010/11/29

「龍馬伝」最終回

第1回から最終回まで、完全制覇いたしました。
「土方歳三・命」の私がよくもまあ・・・と思いますが(苦笑)

どうしても大河の最終回は、スター総出演みたいになってしまって、ちょっとうんざりするのですが。
今回も、冒頭でいきなり武市半平太や岡田以蔵など、土佐勤皇党が登場した瞬間、「またか・・・」と思ってしまいました。
でもまあ、いつもの大河に比べれば、多少の「最終回特別出演」みたいなのはかぎりなく少ない方だったと思います。
そういう意味では、私好みでした。

いつもいつも思うことですが、1年かけて一人の人物を演じるというのは、役者さんにとって、とんでもないことなのですね。
福山雅治の「龍馬以前」「龍馬以後」は、ものすごく顔つきや雰囲気が違います。
同時に、香川照之の岩崎弥太郎が最後までテンションが下がらなかったのも、さすがでした。
もっとも、最終回ではちょっとウザイ気もしましたが。

龍馬の最期をどう描くのか。
意外と、史実に忠実に、そしてあっさりしていたなという印象です。
むしろ、変なケレンをほどこすより、私は好きでした。
そして、あの場面、上川隆也の中岡慎太郎の迫力はすごかった。

最終回も大久保利ミッチーの出番があって、嬉しかったし(笑)
ちゃんとセリフもありました。
中岡とのやりとりと、その後中岡を見る冷たい目が最高でした(笑)

最後、桂浜をまっすぐに歩いていくお龍さんの後ろ姿がよかった。
ラストシーンは龍馬の顔のアップで終わるのでは・・・という予想はみごとに裏切られました。
なんだか物足りないような、でも、すごく龍馬らしいような・・・。


「龍馬伝」では偉人ではなく、普通の人間が成長していく過程を描きたいというねらいがあったように記憶しています。
たしかに、第1部・第2部の龍馬は、ピリッとしない男でした。
でも、「今までと違う龍馬」を描いていても、最後には「とんでもない男」になっていくのだなあ、と。
それがおもしろかったです。

夫いわく「龍馬はあんなに孤立無援だったんだな」

だからこそ、一切のしがらみから解き放たれて、自由に動けたのでしょうけれど。
つらくもあり、寂しくもあり、不安でもあったでしょう。
それでも、己のなすべきことにひたすら力を注ぎ、やりとげた坂本龍馬は、やはりただ者ではありません。
それを、ただの偉人ではなく、血の通った人間として描いたこのドラマは、なんだかんだ言っておもしろかったです。


来年は「江」ですね。
浅井三姉妹は、個人的にものすごく思い入れがあるのですが・・・。
永井路子さんの著作の影響をかなり受けている私は、田淵さんの描く江になじめるか、不安です。
とりあえず、「篤姫」の二番煎じにはならないようにお願いしたいです。

« 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない | トップページ | しつこく「龍馬伝」について »

コメント

とうとう終わってしまいましたね。
主人と喧嘩のあとだったので、じっくり見ることができました(笑)
あっという間に龍馬暗殺で・・・
終わった後もじ~んと尾をひきました。
若いし誕生日だし、まだまだ生きたかった、生きていてほしかった。
「龍馬がいく」読み始めました~

『龍馬伝』らしい終わり方でした。
暗殺のシーンは、リアル過ぎて目をつぶってしまいました(爆)
香川照之さんは最後まで個性的な役柄でしたねsweat01
『坂の上の雲』の正岡子規さんでもご活躍されてますね。
今回の大河は主人公の福山さんに対して、
次々と力のある俳優さんたちが挑んできたような印象を受けました。
どなたも全力投球の演技で見応えがありました。
来年の江も楽しみです。
ひとまず『乱紋』のイメージとはまったく異なるので、
別物としてみていきたいと思います。

chiiさん、ご主人と喧嘩って・・・(笑)
うちは、夫婦仲良く見ましたよ(笑)

終わっちゃいましたねえ。
最後が暗殺という形になるので、ハッピーエンド・・・とはならないのはわかっていましたが、意外な感じでさわやかな終わり方でしたね。

「竜馬がゆく」・・・長丁場です。がんばってくださいね。
ドラマの人物設定とは、みんなかなり違いますよ。

ひなたさん、暗殺シーンはすごくリアルでしたし、一瞬でしたね。
あのニュース速報にはまいりましたけど(苦笑)

最近の大河は、主役が若手というパターンが多いので、脇にベテランや達者な人が多くて、その対決(?)が楽しみです。
「篤姫」の時も、あおいちゃんと松坂慶子や堺雅人、中村梅雀らの対決にドキドキしたものですが。
今回も、みんな福山龍馬に容赦なかったですねえ。
だからこその緊迫感だったかも。

香川照之は、私は正岡子規役の方が好きです。
あれで子規に興味をもって、「坂の上の雲」も読んじゃったので。
でも、死んじゃうんですよね・・・。

「乱紋」とは別物・・・ですよね。
とりあえず、あちらは忘れて見ようと思います。

実史の出来事がたまりません。
今の身近な周りの人たちの考えも、同じと思います。

tarouさん、これが実際に起こったことだという重みに圧倒されてしまいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/50163782

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」最終回:

« 「龍馬伝」~大政奉還では終わらない | トップページ | しつこく「龍馬伝」について »