最近のトラックバック

« 「龍馬伝」最終回 | トップページ | 「できる女」と呼ばれたい? »

2010/12/06

しつこく「龍馬伝」について

朝日新聞連載の「三谷幸喜のありふれた生活」を読んで、笑ってしまいました。

三谷さんいわく・・・
  「新選組!」も「龍馬伝」も、視聴率は同じくらいなのに、どうして「新選組!」だけあんなにバッシングされたんだ!!

私は三谷さんのファンですが、「新選組!」は途中まで見ませんでした。
大河としての一線を踏み越えている気がして。
まあ、なんだかんだ言って、その後、山本耕史演じる土方歳三にはまったので、いいんですが。

でも、三谷さんの龍馬に対する考えというのは、すごくうなずけるものがありました。
興味のある方は、12月4日の朝日新聞朝刊をぜひご覧ください。

しかし、私が一番受けたのは、岩崎弥太郎についてのコメント。
たしかに、あの弥太郎の言動は、「僕を見て。僕を認めて。僕だけが特別だと言って」ですよね。
龍馬に恋焦がれて、報われない愛憎の激しさに見えなくもない(笑)

最終回は3回も見てしまいましたが、三谷さんのエッセイを読んだ後は、
弥太郎が龍馬にすがり、喰ってかかるたびに、笑ってしまってダメでした・・・。


あらためて、なかなか中身の濃い最終回でした。
「HOPE~希望」というメッセージが心に残りました。

« 「龍馬伝」最終回 | トップページ | 「できる女」と呼ばれたい? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/50227498

この記事へのトラックバック一覧です: しつこく「龍馬伝」について:

« 「龍馬伝」最終回 | トップページ | 「できる女」と呼ばれたい? »