最近のトラックバック

« 一陽来復 | トップページ | 3月11日 »

2012/01/23

平清盛

一応、3回見るまではコメントを差し控えようと思ってましたが。

なかなかおもしろい、というのが正直なところ。
第1話は3回見たし、2話も2回見ちゃいました。
3話もよかったです。

某知事の発言で注目されているようですが(さすがに3回目になると、確信犯じゃないかという気がしてきた)、そんなのはどうでもいいです。
とにかく、役者とスタッフの熱が感じられます。
「龍馬伝」の時と同じカメラを使って、同じ「汚し」のテクニックを使っているらしいですね。
ただ、「二番煎じ」と言われないように、という気合がみなぎっています。

清盛は、「平家物語」ではものすごい悪人のように描かれていますが、そうでもないので。
私の中では「おもしろい人」という認識なので、ドラマでどう描かれていくか、興味津々です。

松ケンはやっぱりいいですね。
あの表情、特に目がいいです。
母性本能くすぐられます。

それから、清盛の生みの母役の吹石一恵、かっこよかったです。
北条政子の杏もかっこいい!
頼朝役の岡田将生の語りがたどたどしい感じなのはご愛嬌でしょうか(笑)

中井貴一もいいですねえ。
小泉今日子との「最後から二番目の恋」も、見ちゃってます。
あれ、あんまり見ようと思ってないけど、始まると見ちゃうんですよねえ。
たぶん、あのドラマの視聴者は、年齢高いだろうな(笑)

おっと。話がそれました。
「平清盛」では、武士だけでなく、院政時代のぐちゃぐちゃな感じも強調されてます。
鳥羽上皇の三上博史も気持ち悪くていいですが、
今回ビックリしたのは、璋子の檀れい!
もろに「魔性の女」じゃないですか。
怖かった・・・。
檀ちゃんは、宝塚時代から観ていますが、けっこうああいう役がはまるんですよねえ。

けっこう配役も手堅くまとめているようなので、
安心して見ていられるのもうれしいです。

とりあえず、今後が楽しみな、今年の大河です。

« 一陽来復 | トップページ | 3月11日 »

コメント

私もみていますが、言葉がイマイチ理解できないときもあり困ります(^^ゞ
初回は、まえだまえだが出てきたり、松田聖子でがくっときたりと楽しみました。
最近、壇ノ浦からの源氏について番組があり、平清盛にも興味がわきました。

中井喜一のことをキョンキョンがトーク番組で好みといっていましたね~

第一回目は、伊東四朗さんの鬼気迫る演技に圧倒されました。
以前、あるラジオ番組で「ものすごく悪いヤツの役やっちゃったよ」
みたいなことをおっしゃっていたのをきいていたので、
これか~っと思わず笑ってしまいました。
オープニングの松山ケンイチくんの甲冑姿(?)が、りりしくてよいですね。
個性的な役者さんがそろっているので、来週も楽しみです。

chiiさん、松田聖子は私もちょっと・・・(苦笑)
今回は、キャスティングも事前にチェックしないまま見ているので、
「おお!こんなところに、あんな人が!」と、楽しんでいます。
たまに「汚し」が効きすぎて、誰だかわからない時もありますが(笑)

中井貴一、いい感じに年を重ねていますねえ。
「最後から二番目の恋」も、ついつい見てしまいます。
夫いわく「これ、昔のドラマっぽい・・・」

ひなたさん、伊東四朗はまさに怪演でしたね~。
「坂の上の雲」では、秋山兄弟の父親役を、ひょうひょうとした雰囲気で演じてましたが・・・まるで別人のような怖さ。
清盛と対峙する場面では、松ケンが子供のように見えました。
松ケン、とても妻子持ちとは思えない(笑)

冷静に見るとツッコミどころ満載な気がするんですが、
けっこうはまっております。
明日も楽しみです。

今頃失礼します。
「平清盛」、すっかりハマッてますよ~「ちりとてちん」の藤本さんの脚本なので期待していたのですが、期待以上の面白さです。
私はこの時代の史実をあまり知らないのですが、このドラマを見ていると、貴族社会において武士がどのように自己実現をはかっていくのか、とても興味をそそられます。王家、平家、源氏のそれぞれのドラマ、人間模様もそれぞれ三者三様で飽きないし、まじめで優等生な義朝と青臭い清盛のふたりの対比も面白い。松雪泰子さんや阿部サダヲさんなど好きな役者さんもたくさん登場して嬉しいし、もう語りだすと止まりません(笑)
それにしても璋子さんと鳥羽院のからみは毎回不気味ですね~璋子は案外悪気はなくて、素直で天然なだけなのかな?と思ったりもしますが、どうでしょう?やっぱり黒いのかな(笑)

EKKOさん、お返事遅くなりました。
本日も、再放送を見てしまいました。
日曜夜8時も欠かさず見ているのに、再放送まで・・・(苦笑)
清盛たち武士の世界もおもしろそうですが、
宮廷のドロドロっぷりをけっこう楽しんでいます。
松雪泰子登場で、ますますすさまじいことになりそうですね。

けっこう突っ込みどころはあるんですが、かなりはまっております。
あ、そうそう。
璋子さまは天然なんだと思って見てます。
だからこそ、怖いなあと。

以前、この記事の題名だけ見てたんですが、DVD録画をまだ見てなかったので読まないでいました。
で、やっと三話目まで見たんですが、おもしろい。
あまりに面白過ぎで、久々の読書じゃない方のblogを更新しちゃった。

そのあとにここを読んだら、あまりにも感じた事が似ててびっくり。
みんな、思うのは同じようなことなんだなあと。

視聴率が上がらなくて評判、かなり悪いみたいだけど、そんなの気にしないで初心を貫いてこのままやってほしいです。

おお!あしかさんもはまりましたか!
視聴率低いのもなんのその、夫婦二人ではまっております(笑)
なんというか、スタッフとか役者さんたちの熱が伝わってくる感じで。

夫は清盛に対しては「平家物語」のイメージしかなかったらしく、
非常に新鮮な驚きを感じながら見てるようです。
私は私で、「そんなわけないでしょー!」とツッコミいれつつ、
かなり楽しんでおりまする。

ほんと、初心を貫いて、このままいってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/53807310

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛:

« 一陽来復 | トップページ | 3月11日 »