最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012/03/20

初・歌舞伎鑑賞

ちょっと前のことになるのですが、初めて歌舞伎見物に行ってきました!

平成中村座・中村勘九郎襲名披露公演です!!

歌舞伎は前から観たいと思っていましたが、なかなか敷居が高く・・・。
今回、たまたま都合がついたのと、チケットがとれたのと、
やっぱり勘九郎&七之助を生で見たくて、決行しました。

平成中村座は仮設劇場なのですが、昔の芝居小屋を意識して作った感が、私好みでした。
ただ、椅子に座ってるうちに腰が痛くなったのと、足元が寒かったのはつらかったです。

私が見たのは、3月4日の昼の部。
海老蔵の「暫(しばらく)」と、勘九郎の「一條大蔵譚」、舞踊の三演目。
勘三郎はもちろん、仁左衛門など、そうそうたる役者さんたちがそろい、見ごたえがありました。

イヤホンガイドのお世話になりながら、初めて「生」で見たわけですが・・・・
非常におもしろかったです!!!!!

勘九郎って、こんなに達者な役者だったかしらなんて失礼なことを思ってしまうほど、
阿呆なお公家さんを生き生き演じていた勘九郎。
そして、すべての演目に登場した七之助の美しいこと!!
思わずうっとり見惚れてしまいました・・・。

芝居小屋が小さいせいか、後ろの席だったにも関わらず、役者たちとの一体感があって。
外の救急車や飛行機の音が聞こえてくるのもご愛嬌。
小屋のスタッフさんたちもキビキビしていて、すごく好感度高し!

途中、舟をこいでいた夫でしたが(こちらも初歌舞伎)、見終わっていわく
「歌舞伎って、堅苦しいものじゃないんだなぁ」

そうそう、そうなんですよ!
実際、生で見て、私も確信いたしました。
ほんとに誰もが楽しめる、サービス精神旺盛なエンタテイメント、なんですよねえ。

いずれまた機会があれば、ぜひ見に行きたいと思っています。


あ、ちなみに、前日から浅草に泊まって、下町界隈を堪能いたしました。
ホテルの部屋の窓からは、スカイツリーがバッチリ見えましたよ~。

2012/03/11

3月11日

しばらくブログを放置してました。
こちらも「読み人」も。
忙しかっただけで、元気にしています。
仕事もしてたし、本も読んでたし、友達とも会ってたし、夫とも相変わらずです。


3月11日を迎えました。
テレビをつけていますが、朝からずっと震災関連ばかり。

映像を見るたびに、「これはいったい何?」と。
地震の直後から停電していたので、リアルタイムで知らなかったことがたくさんあるのです。
自分はこの時何をしてたっけ・・・?
実は、当時の記憶が混沌としていて、断片的にしか記憶がないのです。
自分が体験した震災と、報道されている震災が一致しないという、不思議な感覚を味わっています。


この1年、自分は何をしてきたのだろうか、と考えています。
自分なりにやってきたこと。
もっとやるべきことがあったのではないかという後悔。
これから、自分に何ができるのか。

心に刻んだのは、「知らない」では済まされないということです。
知る努力、考える努力を、しなければならない、と。
それを放棄してきたツケが、今回さまざまな形で降りかかってきたと思うから。

いろんな思いがあります。
でも、今はそれを自分の中で熟成させようと思っています。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »