最近のトラックバック

« 料理の才能 | トップページ | 梅雨入り »

2013/01/02

大河ドラマ「平清盛」

あけましておめでとうございます。
年が明けたばかりですが、あえて昨年の大河の話を。

「平清盛」は低視聴率で話題になりましたが、近年まれに見るクオリティの高いドラマだったと思います。

そもそも、あの時代は、非常に難しい。
時代背景が、本当にわかりづらいのです。
それに果敢に挑んだシナリオ。
そして、主人公を無理やり「善人」にしないドラマ作り。
映像や効果ももちろん優れていましたが、何より人間ドラマとして、見ごたえがありました。

もちろん、「ドラマ=史実」ではないので、思わずツッコミを入れたくなるフィクションも多々ありました。
でも、大きな時代の転換点をあそこまで描いたというのは、お見事!としか言いようがありません。

私は50回すべて見ました。
正直なところ、平家の繁栄に陰りがさしてからは、見ているのがしんどかったです。
しかし、主演・松山ケンイチの演技には拍手を贈りたい!
こんなに若いのに、晩年の清盛をどう演じるのか・・・と不安でしたが、さすが松ケン!

ただし、やっぱり重いドラマだったので、もう一度総集編を見ようという気になれないのも事実。
日曜の夜に気軽に見れるようなお手軽ドラマではなかった、ということです。
そういうところが、低視聴率の理由の一つでしょうね。


さて、今年は「八重の桜」。
明治時代の女性は、なかなかおもしろい人が多いのです。
どんなドラマになるか、今から楽しみです。

« 料理の才能 | トップページ | 梅雨入り »

コメント

まゆさん、おめでとうございます。

私も清盛50回組です。
まゆさんのおっしゃるように人間ドラマという感じで見応えがありました。
こんなにのめり込むように見たのは久々で、どうして低視聴率なのか?
もしかして、録画してじっくり見る派が多いのでは?
と思ったりもしました。
松山ケンイチもすごかったですね~。
その他の俳優さんもよくって、同じメンバーで、もう一年やれるのではと
思ったくらい。

「八重の桜」はう~ん、どうしよって感じだったのですが
まゆさんのお話を聞いて、楽しみになりました。
ありがとうございます。

今年もまゆさんご夫婦に幸多かれと祈っています。

なぎさん、さっそくのコメント、ありがとうございます!
「平清盛」は、役者さんたちも気合が入っていて、ほんとに見ごたえがありました。
松田聖子演じる祇園女御がいつまでも登場したのはちょっと・・・でしたが(苦笑)
深田恭子の時子も、年老いても美しすぎて・・・(笑)

たしかに、録画してた人は多そうですね。
第一部の王家のドロドロっぷりは、お茶の間で見る雰囲気ではなかったし。
でも、視聴率に反して、私の周囲ではけっこう評判がいいので、それで良しとします。

「八重の桜」は、けっこう楽しみなのですが・・・。
不安なのは、私の中で「平清盛」の影響で、大河ドラマのハードルが上がってしまっていること。
どうなるかなあ・・・。

と、相変わらずの私ですが、今年もよろしくお願いします。

まゆさん、あけましておめでとうございます。
私は「平清盛」は挫折してしまいました。藤本さんの脚本だから続けて見たかったんですが・・
でも低視聴率のドラマが悪いドラマではないと思います。逆に高視聴率のドラマが優れているとも言いがたいですよね。低視聴率だと騒ぎ立てるメディアにも多大な責任があると思います。
来年の大河はミッチーが出るらしいので、頑張って見ようと思います(笑)

今年もよろしくお願いします♪

EKKOさん、あけましておめでとうございます。

「平清盛」、挫折しちゃいましたか~。残念。
でも、私も何回か危ない時がありましたよ。
まあ、私のドラマの好みって、世間の視聴率とは比例しないことが多いので、実はあまり気にしてません。

最近、ミッチー熱が低下してる私ですが(苦笑)、
大河で見たらまた再燃するかなあ。

今年もよろしくお願いします!

まゆさん、こんにちは。
昨年に大河ドラマについて、コメントしようか迷っていまして・・・。
挫折した組としては・・・。(全回は無理で要所要所をピックアップして見ておりました)

とても、クオリティの高いドラマであったのは同感です。松山ケンイチさんの演技も良かったですね。晩年をどう演じるのかが課題だったと思いますが見事にクリアしてましたね。福原に遷都してからの平家一門の瓦解や武家ではなくなり、頂点を極めてから内面が壊れていく姿は見ごたえありました
ただ、私たちの世代より上は「新平家物語」を見ています。極彩色の絵巻物の様な華やかさと仲代達矢の重厚な演技。こういう定番が頭にあると比較されてしまう。このドラマの低視聴率にはその要素もあったかもしれません。
軽く流せない様な重いテーマでしたしね。もう少し経てば、きちんとした評価もされるだろうと思います。

いつも、沢山の本を紹介して下さってありがとうございます。「スコーレNO4」とか「烏に単衣は似合わない」などは紹介して下さらなかったら読んでいませんでした。
お仕事や家事などお忙しいでしょうが、今年一年お元気で素敵な一年になりますように。心からお祈り申し上げます。

まるさん、こちらにもありがとうございます。

清盛という人物は、「平家物語」では徹底的に悪役です。
私もずっとそういうイメージでいましたが、永井路子さんの「波のかたみ」を読んで、そのイメージが変わったのです。
しかし、それは個人的なことで、一般的には清盛はやはりヒールなのですよね。

私が心配したのは、最後には苦しんで死ぬ清盛と、滅んでしまう平氏をドラマの柱に据えて、果たしてどう決着をつけるのだろう、ということでした。
でも、「平家一門」という枠組みと、ライバルたちとの対比等で、実にうまく構成されていたな、と思います。

逆に、世間一般の「平家物語」のイメージとはかけ離れていたのかもしれませんね。

ただ、マスコミが話題にするのは視聴率のことばかり。それが悔しかったです。


さてさて。
今年は、もう少しゆとりをもって生活したいものだと思っています。
読書も、量は減っても、もっと味わって読むようにしよう、と。
また、遊びに来てくださいね。

まゆさん♪

ご心配いただいていてありがとうございます。
またぼちぼちですがブログ再開してみようかなと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

three-bellsさん、お元気でしたか。
ブログ再開、なんてうれしいニュースでしょう!
でも、無理はなさらないでくださいね。
私も今年は、無理せず、ゆる~く生きていこうと思ってます(笑)

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/56453183

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「平清盛」:

« 料理の才能 | トップページ | 梅雨入り »