最近のトラックバック

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/30

NHK杯

そりゃあ、たしかに、今回の注目は羽生選手でしょう。
それは、よくわかります。
私も気になりましたもん。
(ちなみに、私は羽生くんは応援してますが、ファンというほどではありません)

でも、あそこまで「羽生シフト」な中継はどうなんでしょう。
ほかにも選手はいるのに。
羽生のためだけにある大会じゃないのに。

民放ならわかる気もしますが。
ちょっとイラッとしました。
羽生くんのSPのリプレイをするなら、村上大介選手のSPを見せてほしかった。
無良選手のSPもすばらしかったのに。

しかし、中国杯ではあれだけ怪我して滑って2位。
今回もあれだけジャンプを失敗して4位になりながらも、グランプリ出場。
やっぱり羽生くん、何かもってますね。

ただ、あまりにも「羽生、羽生」と連呼するNHKの中継に、ちょっと引いてしまった私なのでした。

2014/11/09

伝説

トリノでの荒川静香のイナバウアーのように。

ソチでの浅田真央のフリーの演技のように。

昨日の羽生結弦の血だらけのファントムは、フィギュアファンの中で語り継がれるにちがいない。


どんな思いでリンクに立ったのかはわからないけれど。

転んでも転んでも滑り続け、滑り切ったあの姿は、間違いなく観る者のこころを 揺さぶった。

得点が出た瞬間の涙と泣き声が忘れられない。

いつも冷静で賢い羽生結弦が、めずらしく見せた感情の揺れ。

痛々しかったけれど、あれもまた伝説の一部になるにちがいない。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »