最近のトラックバック

« 引退 | トップページ | NHK杯 »

2014/11/09

伝説

トリノでの荒川静香のイナバウアーのように。

ソチでの浅田真央のフリーの演技のように。

昨日の羽生結弦の血だらけのファントムは、フィギュアファンの中で語り継がれるにちがいない。


どんな思いでリンクに立ったのかはわからないけれど。

転んでも転んでも滑り続け、滑り切ったあの姿は、間違いなく観る者のこころを 揺さぶった。

得点が出た瞬間の涙と泣き声が忘れられない。

いつも冷静で賢い羽生結弦が、めずらしく見せた感情の揺れ。

痛々しかったけれど、あれもまた伝説の一部になるにちがいない。

« 引退 | トップページ | NHK杯 »

コメント

まゆさん、あの中国杯をご覧になったのですね。本当に悲鳴を上げたくなるような苛烈なシーンでした。
 あの試合を滑り切った事も伝説かもしれない。
 でも正直な所、あの場で撤退する勇気も持ってもらいたかった。・・・でも、そう言いつつも、あの姿こそ、羽生君らしいと感じています。
 氷上のプリンスが魔法が解けてもやっぱり、誰よりもすてきだったのかもしれないです。

まるさん、私は正直、やめてほしいと思っていました。
けがの程度もわからず、無理をしてさらに悪化させたら、と。
それでも、あの姿には感銘を受けました。
事の是非はともかく、それだけは忘れられません。

ただ、これを美談にはしたくないのです。
ドクターストップとか、周りがあきらめさせる手立てはなかったのかなと今でも思います。
NHK杯も無理しないでほしいんだけど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/60624459

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説:

« 引退 | トップページ | NHK杯 »